コレは有効ですか?

公開日: 相談日:2012年07月06日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

宜しく御願いします。

知人にお金を貸し、借用書に印鑑や印鑑登録を貰い、保証人も付けて貰いました。 
月に3万づつ返済約束も一年以上滞っています。
本人の携帯は判るのですが、こちらから電話掛けても一切出ません。

借用書にはもしもの場合の弁護士費用などの文面は無かったのですが、先日内容証明を二人に送りました。

内容は○月●日まで全額返済と期日を過ぎれば
弁護費用など経費を全て負担して頂く。
と書きました。 

保証人には届いたのですが、当人には郵便物は届いていません。

内容証明通り、遅延損害金+弁護費用など経費を含めて請求できるのでしょうか?

出来るのであれば早急に請求したいと考えています。

御願いします。 助けてください。
宜しく御願いします。



129025さんの相談

回答タイムライン

  • 相談者 129025さん

    タッチして回答を見る

    回答ありがとうございます。
    ではどのようにすれば、よろしいのでしょうか?

    御願いします。

  • 弁護士ランキング
    愛知県1位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    弁護士費用を浮かせたければ、
    自分で調停を申し立てたり、自分で訴訟を提起したり、
    自分で簡易裁判所の支払督促を申し立てたりする必要があります。

    簡易裁判所の支払督促や少額訴訟は、簡単な手続なので
    個人でも比較的容易にできるでしょう(本格的な訴訟を個人でやる人も
    いますが)。
    大きな都市の簡易裁判所なのでは、相談センターのような部署があったり
    するので、そちらで具体的なやり方について相談されると良いでしょう。

    支払督促は簡易裁判所の裁判所書記官の名で送る督促状で、裁判所から送達
    されるので、それなりの効き目はありますし、支払督促を相手が無視すると、
    確定して、裁判で勝訴したのと同様になり、相手の財産の差押えができるようになります。

    少額訴訟は、簡易裁判所で1回の裁判で判決をしてしまう裁判です。

    支払督促も少額訴訟も、相手が異議を出すと通常の訴訟に自動的に移行します。

    また、調停も裁判所に書式が置いてあったりしますので(裁判所HPにも)、
    シロウトでも、その書式を埋めていけば、申立ては比較的簡単にできます。
    調停は裁判所でやる話し合いですので、相手が交渉に応じなければ決裂します(不調といいます)。

この投稿は、2012年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから