過払金の返還について

公開日: 相談日:2018年04月23日
  • 3弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

旦那さんが亡くなられた同僚から相談を受けております。

先月ご主人が亡くなり、大手クレジット会社から残債務についての支払い催促があり、即日17万円程度の振込を終えたとのことですが、過払い金があるらしく、56万円程度をお返ししますと言ってきたそうです。
そこでご教示願いたいことは、当初、2002年10月に100万円を年利16.5%で借入し、その後支払い借入れを繰り返しながら、最高借入額は140万円あったそうです。その後、2006年10月に金利を一方的に15%に引き下げてきたとのことです。法定金利の上限は15%と言う事は理解していますし、2002年10月~2006年10月の丁度4年間が16.5%と15%の差である1.5%の過払いがあり、その金額が56万円と理解しておりますが、この56万円には返還時までの金利は請求できないのでしょうか?
2006年に過払い状態を解消すべく?相手方から15%にしてもらったものの、こちらからは金利の支払いは続けてきましたので過払い金にも金利は付かないものかと・・・
請求できるのであれば、裁判上の遅延損害金に当る5%でしょうか、支払ってきた15%でしょうかご教示をお願いいたします。

654619さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士が同意
    2
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    請求可能な利息は年5%です。
    ただし,利息を請求するには裁判で判決まで取る必要があります。任意の話し合いでは(特に金融業者の懐具合も厳しい昨今では),なかなか応じてもらえないでしょう。
    裁判をしても,裁判所は和解を勧めるのが通常で,その場合,少なくもと利息の全部を期待するのは困難かと思います。

    なお,相手は56万円程度を申し出てきたとのことですが,実際にはより高額になっている可能性もあります。一度,取引履歴を開示請求されるのも良いでしょう。

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    > 相手は56万円程度を申し出てきたとのことですが,実際にはより高額になっている可能性もあります。

    たいてい相手の出す金額は自社に都合の良い計算です。十分に注意しましょう。
    過払いについては、無料相談が可能な事務所も多いので、相談してみるのが良いでしょう。
    なお、過払い金についての利息請求はもちろん可能です。

    もっとも、費用対効果で、利息を譲歩せざるをえないことがあるのは、他の先生の意見の通りです。

  • 相談者 654619さん

    タッチして回答を見る

    泉本先生、阿部先生、岡田先生ありがとうございました。

この投稿は、2018年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました