過払い金空白期間について

公開日: 相談日:2021年03月08日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
2000年~2021年2月まであるカードから100万円を借りたり返したりを繰り返し2007年までは利率28.8%以降は18%でした。月々30000円返済していても利息5000円位だったと思います。先月やっと完済したのですが半年の空白期間が2回ほどあります。

【質問1】
半年位の空白期間は継続しての取引とは見なされないのでしょうか?弁護士さんにお願いしたら一連の取り引きとして交渉してくれますか?

【質問2】
3ヶ所でネットで過払い金シュミレーションを入力すると同じ金額、利率なのに結果の金額が100万円程の差があるのですがネットのシュミレーションはそれぞれ当てにはならないのでしょうか?

1005794さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    佐賀県1位

    吉丸 雄輝 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    【質問1】

    半年位の空白期間は継続しての取引とは見なされないのでしょうか?弁護士さんにお願いしたら一連の取り引きとして交渉してくれますか?
    →難しい状況ではありますが,他の要素もあいまって,一連取引と認められるかどうか決まります。期間の空きが半年ほどあるのは,一連取引を否定する方向に働く事情ですが,それだけで直ちに決まるわけではありません。
    弁護士や事務所の方針次第だと思います。勝ちを保証することはどの弁護士にもできませんが,そのような主張を頼まれ,引き受ける弁護士もいます。粘り強く弁護士を探すことが重要かと考えます。

    【質問2】

    3ヶ所でネットで過払い金シュミレーションを入力すると同じ金額、利率なのに結果の金額が100万円程の差があるのですがネットのシュミレーションはそれぞれ当てにはならないのでしょうか?
    →引き直し計算とよばれる計算方法は,一定のルールに従って行なうので,100万円の差がでることは通常は考えがたいです。引き受けてくれた弁護士に計算してもらうのが一番正確だと考えます。「代理人として」主張する金額となるので,それが確実に認められるわけではありませんが,認められた場合の金額は判明します。

  • 相談者 1005794さん

    タッチして回答を見る

    修正です利息が5000円ではなく着き30000円返しても元金が5000円しか減らない時が何年も続きました。

この投稿は、2021年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから