弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

債務整理の解決事例

事業不振による、会社と会社代表者の債務整理

  • 自己破産

依頼主 30代 男性 相談前 事業不振によって会社の資金繰りが行き詰まり、借入金の返済が遅れていた。今後の収入で返済を続けることは現状困難であり、破産手続が考慮されるが、直近の売掛金の使途が不明であった。 相談後 正式なご依頼後、破産手続開始を申し立てた。直近の売掛金の使途は経費支払いであり、裏付けをもって破産管財人に説明したところ、主張が認められ、破産手続については異時廃止、個人については免責決定を得た。 松本 賢人弁護士からのコメント 事業者の破産では、しばしば使途不明な金銭の支出があり、場合によっては偏波弁済となっていることもありますが、本件では経費の支払いであったので、丁寧に破産管財人に説明することで手続が終了しました。

お気に入りに追加
松本 賢人
松本 賢人 弁護士

鳥飼総合法律事務所

【初回相談無料】【弁護士に直接繋がります】【休日夜間対応】 過払金請求、自己破産、...

電話で問い合わせ
050-5289-5092

メールで問い合わせ

債務整理に関する解決事例

山本 達也

山本 達也弁護士

(時効援用)忘れていた借金の請求について手続きを取ることで支払わなくてもよくなりました。

自分でも忘れていた借金の請求が突然来たためにびっくりして相談をしました。 金額としても,遅延損害金といった項目などで160万円近くになっており,どうすればよいのかと悩み法律事務所への相談をしました。借金をしていた時期が古かったことから,時効の援用という手続きをしてもらうことで返済をせずに済むことができました。 ...

森本 裕己

森本 裕己弁護士

【住宅ローンの保証人】が自己破産をして、借金がなくなった(免責された)ケース

E子さんは夫と別れたあと、子供と2人で母子家庭でした。 元夫からは、養育費をもらっていましたが、ある時から養育費の支払いが止まりました。 その数か月後、突然銀行から書面が届きました。 内容は、元夫が支払っていたはずの住宅ローン(結婚していた時に住んでいた自宅のローン)が滞納されたというもので、連帯保証人であっ...

田崎 博実

田崎 博実弁護士

弁護士に辞任された破産案件を解決した事例

破産手続の代理をある弁護士に依頼したところ,辞任されたので,その後の処理をしてほしいという相談でした。お話を聞いてみると,弁護士費用を支払うことができず,辞任されたとのこと。そこで,法テラスを利用するなどして,相談者の破産手続に協力できないか検討しました。相談者の収入を聞いてみると,法テラスの弁護士費用立替制...

曽我部 晋太

曽我部 晋太弁護士

弁護士と依頼者が協力して速やかな申立を実現

債権者15人に対し住宅ローンを含め約5000万円の債務がありました。 そのほとんどが,個人事業を営む夫の借入金の保証でしたが,2,3年前から 夫の事業が悪化し,返済が苦しくなってきました。 いよいよ借入先がなくなり,債務整理について弁護士に相談しました。相談者自身には財産がほとんどなかったことから,破産管財人...

借金・債務整理を扱う弁護士を探す

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

債務整理の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...