弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

債務整理の解決事例

【再生】住宅を残した上で再生計画の認可を得た事例

  • 個人再生

依頼主 50代 男性 相談前 家族との念願の夢であったマイホームを購入して住宅ローンを返済していましたが、勤務先の給料の減額や子供の教育費などで支出が収入を上回ってきたため、他の借入金も増えていき、返済が間に合わなくなっていました。そこで、一度専門家に相談してみようと思い、先生のところに相談に伺いました。 相談後 先生から、私の場合、住宅を残した上で再生手続きをとることができるということを説明していただきました。そして、再生手続きの今後の流れや手続きに要する期間などを詳細に説明してもらいました。マイホームを手放すこともやむを得ないと思って相談に飛び込んでいったので、正直なところ目から鱗が落ちるような説明を聞けて嬉しい驚きでした。 西川 達也弁護士からのコメント 債務整理の法的手続きには様々な種類がありますので、その中からご相談者様の実情に応じた最適なプランをご提案します。まずは専門家にご相談ください。

お気に入りに追加
西川 達也
西川 達也 弁護士

井関法律事務所

【初回相談無料】【当日/夜間/土日対応可】【完全個室】 借金問題の迅速かつ最適な解決...

電話で問い合わせ
050-5828-4446

メールで問い合わせ

債務整理に関する解決事例

榎本 恭博

榎本 恭博弁護士

サラ金に対する過払金請求事例

Xは、サラ金業者6社から高利のお金を借り入れて、その弁済に苦しんでおり、その債務整理をY弁護士に依頼した。その依頼を受けたY弁護士は、サラ金6社と交渉してXの債務がどうなっているのか明らかにさせたところ、A,B,Cの3社に過払金があることが分かり、Yはその返還を受けたが、その事実をXには知らせなかった。Y弁護士は、サラ金D社...

米谷 康

米谷 康弁護士

法人の負債整理の事例(破産をせずに債務整理した事例)

法人の代表者。法人は金融機関数社から1億円を超える事業資金の融資を受けて事業を継続してきたが、破綻。自分は連帯保証していた。破産しか無いのかと弁護士に相談した。法人の負債については知人に金融機関の債務を買い取ってもらうことで実質的に整理。個人の連帯保証債務については、免除を受けた。法人の整理については、ケースに...

工藤 清史

工藤 清史弁護士

ギャンブルが原因で多重債務を負ったサラリーマンが破産手続をして免責が認められた事例

パチンコ・競馬が好きで、給料で足りない分は、サラ金やクレジットカードからの借入れをして続けていましたが、転職により給料が下がってしまい、返済が困難となり、弁護士に破産手続を依頼しました。弁護士に依頼後は、ギャンブルを止め、給料の範囲内で生活を続けました。 破産手続では、無事、免責が許可され、精神的に落ち着きま...

二見 宏史

二見 宏史弁護士

失業のため破産となったケース

業績悪化により会社を解雇されてしまいました。私には元々クレジットやキャッシングによる借金があり、失業していた時期の生活費で借金の総額は300万円を超えてしまいました。返済は当然滞っており、毎日のように様々な業者から電話が来るので、不安で夜も眠れません。二見先生に依頼をしたら、金融業者からの連絡はピタッと止まりまし...

借金・債務整理を扱う弁護士を探す

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

債務整理の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...