1. 弁護士ドットコム
  2. 借金
  3. 債務整理
  4. 個人再生
  5. 個人再生 育休手当、給付金を家計簿につける場合

公開日:

個人再生 育休手当、給付金を家計簿につける場合

2020年06月28日
ベストアンサー
個人再生の途中で、現在申し立ての準備をしています。
弁護士費用を5月に20万、6月末に30万を支払う予定でスケジュールを立てています。

家計簿には素直に弁護士費用として記載して良いのでしょうか。またボーナスが今月末に入り、妻の育休の手当ても3ヶ月分入ります。妻の手当ても収入として組み込むべきですか?

コロナの影響で10万を4人分、40万も入ったものも全て組み込むべきですか?

そうなると、余裕がある収支報告になってしまわないか心配です。

5.6.7月の家計簿をつけて8月に申し立て予定です。

いま弁護士事務所は日曜日やっておらず、こちらにて質問させてもらいました。
相談者(934173)の相談

みんなの回答

桑原 義浩
桑原 義浩 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県7 借金・債務整理に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
申立準備段階であれば、弁護士費用、ボーナスなどもすべてそのまま書かれておいていいと思います。
今後の家計の収支次第で、余裕がどの程度あるのかが分かりますし、
個人再生の状況が分かりませんが、少額の債権は一括払いしてしまうこともありますから、その費用などにもあてていくことになるでしょう。
また、再生委員、というのを選任する裁判所もありますが、そうなると、15万から20万円程度を裁判所に予納しますから、そういう費用に回すことも考えられますから。

2020年06月28日 13時22分

相談者(934173)
再生委員はないようです。詳しくありがとうございました。

2020年06月28日 21時35分

この投稿は、2020年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 個人再生の家計簿について

    個人再生の家計簿についてですが、収入と支出の差があると良くないとのことですがどれくらい差があると不認可になる可能性があるのでしょうか?

  • 個人再生での家計簿について

    先日、夫が個人再生を行うことになり、家計簿を提出することとなりました。 そこで先生方質問がございます。 ・夫が個人再生する場合、私は自分名義のクレジットカードを今後利用する事はできないのでしょうか。 ・クレジットで利用した金額も、家計簿に記入しなければいけないのでしょうか。

  • 個人再生の家計簿について

    個人再生についてです。現在、毎月の家計簿を作成しています。月によっては若干のマイナスの月や、収支がギリギリの月があります。妻の分も含めた賞与が年2回あり、その赤字分を賞与でしっかり穴埋めできるなら、問題ないと考えてよろしいでしょうか?

  • 個人再生の家計簿について

    個人再生を依頼し、申告しました。 家計簿についてなのですが、妻も私も知的、精神障害者で家計簿をつけることに困難があります。 簡単な内容なら、なんとかなりそうですが、正直、自信がありません。 ①家計簿は義務ですか? ②サポート等は受けられますか?

  • 個人再生 家計簿について

    実際に個人再生が始まってからだと思っており、現在までまだ家計簿を付けていなかったのですが、申立必要書類の記載に、家計 受任後からの全て提出。以後も毎月継続して記入して下さいと書かれていました。2月15日を目処に提出。と書いてあり ますが、いまから家計簿を付けてるのはもう遅いでしょうか?過去のものは正直覚えていないです

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

個人再生に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。