個人再生手続き途中に依頼弁護士が死亡した場合の対処。

個人再生の申立済み、認可前です。
依頼していた申立代理人の弁護士が亡くなり、再生計画案を提出しなければいけない段階で止まってしまいました。
その事務所には亡くなった弁護士1人しか所属しておらず、案件を引き継げる方がいないということです。
先日亡くなった弁護士の相続人の代理弁護士から、新たに案件を他の弁護士に依頼するよう書面が届きました。(他の弁護士を紹介することもできるが、新たに報酬が発生すると記載あり)

このような場合、下記3点についてご相談させて頂きたいです。

①亡くなった弁護士事務所には、すでに着手金、着手金と同額の報酬金を支払い済みです。
報酬金だけでも返還請求できないのでしょうか。

②相続人の代理人弁護士は案件を引き継げないと書面に記載していますが、実際引き継ぐ義務はないのでしょうか。

③もし再生計画案提出から認可までの依頼を新たにするとすれば、どの程度の金額が発生するのでしょうか。

突然のことで非常に困っており、ご相談させて頂きました。
ご検討よろしくお願い致します。
2019年08月25日 11時55分

みんなの回答

石井 琢磨
石井 琢磨 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 神奈川県2 借金・債務整理に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
報酬は通常、返還請求できるのではないでしょうか。

委任契約は死亡で終了となってしまっているので、
相続人の代理人は、引き継がないといっている以上、義務まではないです。

> ③もし再生計画案提出から認可までの依頼を新たにするとすれば、どの程度の金額が発生するのでしょうか。

おそらく、あまりあるケースではなく、事務所によってもマチマチではないでしょうか。
報酬が返金されるなら、その金額でやってくれるところもあると思いますよ。

計画案の提出期限が迫っているようなら、まず裁判所に連絡して事情説明をしましょう。

2019年08月25日 12時08分

内藤 政信
内藤 政信 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
1、報酬金は返還請求していいでしょう。
2、引き継ぐ義務はないでしょう。
3、新規に受任する場合の半額くらいでいいと思います。
引き継ぐ弁護士にもよるでしょう。

2019年08月25日 12時13分

田中 克幸
田中 克幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県4 借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
> ①亡くなった弁護士事務所には、すでに着手金、着手金と同額の報酬金を支払い済みです。
> 報酬金だけでも返還請求できないのでしょうか。
報酬金は任務が終了していないので、返還請求できる可能性が高いと思います。報酬金を支払い済みであることを先方が認識していない可能性があるので、交渉されてみてはいかがでしょうか。
着手金も事情が事情なので、交渉されてみてはいかがでしょうか。着手した以上返金できないという考え方もありますが、任務の履行割合に応じて一部返還請求できるという考え方もあると思います。

> ②相続人の代理人弁護士は案件を引き継げないと書面に記載していますが、実際引き継ぐ義務はないのでしょうか。
引き継ぐ義務はありません。弁護士との契約は個人的信頼関係に基づくものなので、弁護士死亡により自動的に終了します。

> ③もし再生計画案提出から認可までの依頼を新たにするとすれば、どの程度の金額が発生するのでしょうか。
これは各法律事務所の費用体系によりますので一概にいえません。
しかしながら、一般には、途中まで進んでいる事件の依頼であっても、それによって新事務所からディスカウントを受けられるとは限らず、従前依頼されていた弁護士に支払われた金額と同じくらいの金額が再度かかるかもしれません。

2019年08月25日 12時13分

この投稿は、2019年08月25日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 個人再生と死亡保険金

    生命保険の死亡保険金について。 万が一の死亡保険があります。 個人再生の場合、保険金受取の事例が発生した場合、完済していなかった場合には保険金も資産と見られて返済に回す必要性が出てきますか?

  • 亡くなった親名義の不動産がある場合の個人再生について

    お世話になります。 約500万円の借金があり個人再生を考えております。都内で賃貸物件に一人暮らしで給料は手取りで22万円ほどなので返済が難しく個人再生を考えております。 母が6年前に亡くなり、その際に実家のマンションの名義変更をしていません。相続人は私と弟になります。私と弟は実家を出ており、今は祖母が一人で住んでい...

  • 個人再生 再生計画案不認可

    個人再生で再生計画案書面決議中ですが、銀行(170万)から反対がおりてしまいました。 他に同じ銀行系列のカード(70万)や信販会社(60万)、他5社がありますが、総額450万なので、現時点で銀行から反対がおりてしまうと、仮に他の債権者が反対した場合、半額までいってしまいそうで不安です。 銀行とカード会社が同じ関係会社であ...

  • 個人再生の再生計画認可決定がでなかった場合

    小規模個人再生を考えています。住宅資金特別条項も利用するつもりです。 仮に再生計画案の認可決定をもらえなかった場合、破産手続をとることは可能でしょうか? また、予納金は変換してもらえるのでしょうか?

  • 《個人再生》再生計画案提出後について

    現在、個人再生の手続中です。 8/15付で再生計画案を提出するのですが、8/16以降に家計収支表・積立口座の通帳のコピーを提出することはありますでしょうか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

個人再生に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。