個人再生書面決議前に債権者に連絡

個人再生で開始決定がされ書面決議の結果を待つ状態なのですが、弁護士の先生から先に過半数の金額をもつ楽天銀行に反対の意向があるか聞いてもいいか連絡がありました。その連絡に寄って逆に目を付けられる可能性もあるらしいのですがその方法でも書面決議は通るのでしょうか?
弁護士さんに任せてる以上その方法を提示されて反対する理由もないのでお任せしたのですがここまで来て個人再生できないのではないかと心配です
なーさんさん
2018年12月07日 20時30分

みんなの回答

佐々木 光嗣
佐々木 光嗣 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 北海道4 借金・債務整理に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
再生計画の決議を通すために、事前の根回しは重要です。
過半数債権者に書面決議で反対を出されてしまうと、それでアウトですので。
債権者から何らかの意見があれば任せている先生が調整してくれるでしょうから、ここはお任せした方がよいでしょう。

2018年12月07日 20時50分

この投稿は、2018年12月07日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 個人再生ろうきん

    現在ろうきんから借り入れが有ります(給料天引き)個人再生するにあたって最初に弁護士から受任通知がいくとおもうんですがその際、支払いが止まりますが会社(もしくは労組でしょうか?)にはどのような感じで支払いの停止の依頼がくるかわかりますか?会社には個人再生がばれたくありません。ろうきんからは私が個人再生するから来...

  • 個人再生弁護士費用

    個人再生を考えているものですが、現在持っている現金は返済に充て、少しでも借金を減らしてから弁護士に相談するべきでしょうか。それとも弁護士費用に充てるべきでしょうか。

  • 個人再生不認可

    いつも素早い回答感謝しております。 個人再生の申し立てをして、不認可に、なった場合、その不認可事由を解消できなければ、残された道は、自己破産しか無いのでしょうか?よろしくお願い致します。

  • 個人再生(給与所得者再生)

    サラ金や銀行ローン等数社からの借金が550万ほどあって、借りては返していたのですが、もうどうにもならなくなりました。 個人再生(給与所得者再生)を考えていますが、金融機関からの借り入れの際(収入証明や限度額の見直し時)に、給与額を割り増し記載した明細を作成して提出していました。 この場合、個人再生が認可されなか...

  • 個人再生 退職金見込み証明書

    個人再生するにあたり、退職金見込み証明書が必要なのですが、私の会社は退職金制度がないようで、就業規則などにも退職金の事全く書かれていません。会社には個人再生する事をバレたくないのですが、どの様に頼んだら発行してもらえると思われますか? (私が入社した当初は退職金あったようで、その当時の求人表にも退職金ありと記載...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

個人再生に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。