債務整理の方針変換について。

公開日: 相談日:2018年07月15日
  • 2弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

債務整理の方針変換についてお聞きしたいです。

現在は自己破産の手続き中で書類を揃えてる段階です。

元々は任意整理をしていたのですが新生パーソナルローンだけ和解出来ず自信の体調不良もあって自己破産に方針変換しました。

仕事に復帰出来る目処がついたので働ける以上は少しでも返済をと思います。

任意整理→自己破産→個人再生

自己破産の申し立てはまだですが、このような方針変換は問題になりますか?

また新生パーソナルローンから個人再生で反対されるようなことは良くありますか?

ちなみに今後の収入は安定しています。

684703さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    岡山県3位

    川崎 政宏 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    定期的収入の見通しがたち、再生計画案の実現可能性が出てきたのであれば、破産から個人再生への方針変更は全く問題ありません。

    債権者にとっても、破産では回収ゼロですから、個人再生に反対することはありません。

  • 相談者 684703さん

    タッチして回答を見る

    日曜日なのに早い回答ありがとうございます。

    やはり債権者の方達も0よりは少しでも回収出来るほうがいいのですね。

    ありがとうございました。

  • 弁護士ランキング
    大阪府3位

    森田 英樹 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    タッチして回答を見る

    > 任意整理→自己破産→個人再生
    > 自己破産の申し立てはまだですが、このような方針変換は問題になりますか?
    > また新生パーソナルローンから個人再生で反対されるようなことは良くありますか?

    ・・・問題ないです。仮に債権者から反対がでて認可が難しくなれば破産をすれば・・と割り切って考えおかれれば気が楽になると思います。債権者にとっても破産より個人再生の方が回収できますので 反対はあえてしてこないと思います。

  • 相談者 684703さん

    タッチして回答を見る

    ご回答ありがとうございます。

    そうですね、かなり悩みこんでしまっていたのですが、おかげさまで気が楽になりました。

    ありがとうございました。

  • 弁護士ランキング
    岡山県3位

    川崎 政宏 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    タッチして回答を見る

    そうですね。

    通常でも個人再生は支払い努力の姿勢を見せるので、反対する債権者はごくわずかです。

    今回は破産からの方針転換ですから、反対されることはまずないと考えてよいでしょう。

  • 相談者 684703さん

    タッチして回答を見る

    2度目のご回答ありがとうございます

    個人再生に方針変換で行こうと思います

    ありがとうございました。

この投稿は、2018年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す