ベストアンサー

千葉県での個人再生の開始決定後の財産の増減について

先日、裁判所から開始決定が出たとの連絡を弁護士事務所からいただきました。

今後の流れを調べてみると「債権額が確定したら、積立トレーニング(履行テスト)の状況や財産状況等の報告を行なうとともに、再生計画案を作成し、裁判所に提出します。」

と書かれているサイトをいくつか見つけました。ちなみに上記は東京地裁の場合とあります。

私は千葉地裁で手続き中ですが、上記の「財産状況の報告」というのは開始決定後の財産の増減によって返済額が増えたりするものなのでしょうか?

依頼してからのここ3ヶ月間、節約した生活を続けているため貯金は20万円ほど増え、来月にはボーナスも入るため心配です。ご教授お願いいたします
相談者(603063)からの相談
2017年11月09日 19時16分

みんなの回答

中山 知行 弁護士
ありがとう
> 開始決定後の財産の増減によって返済額が増えたりするものなのでしょうか?
普通,こういうことはありません。
基準時は開始決定時です。

2017年11月09日 19時53分

鈴木 克巳
鈴木 克巳 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
◆ 千葉地裁本庁の個人再生手続の流れは次のようなものです。
◆ 開始決定後、再生計画案が認可されるまでの間、弁護士の預かり金口座(が一般的です。)に貴殿が毎月一定のお金(「履行テスト等に関する照会書」に対する回答書面に記載した金額になるのが普通です。)を積み立てていきます。
  この積立金は、提出を予定している再生計画案に基づく毎月の弁済額(+α)です。
◆ 千葉地裁では、財産状況等報告書というものを開始決定後約1か月半後までに提出することになっていますが、千葉地裁の場合は、申立時に資料を添えた上での詳細な財産目録を提出することになっていますので、収入が大幅にUPしたとかDOWNしたという事情がない限り、財産目録を引用する形で報告すれば足ります。
  貯金が20万円増えたからといって、また、ボーナスが入るからといって、それだけで、積立金額を変えなければならないということにはなりません。
◆ そうは言うものの、個人再生手続には、清算価値保障原則というルールがあり、再生計画案における弁済総額は、再生計画案提出時における再生債務者の清算価値(価値ある財産の総額)を上回る金額にしなければなりません。
  つまり、「清算価値」と「総負債額の5分の1(ただし、この5分の1が100万円未満のときは100万円)」を比較して、高い方の金額を弁済総額としなければならないのです。
  したがって、預貯金が相当な額に昇った場合は、清算価値もそれだけ増えますので、再生計画案における弁済総額が増えるという場合も出てくることはあります。
  これに対して、いくら清算価値が増えようとも、総負債額を基準とした額の方が清算価値より高い金額であれば、当初予定していた弁済総額となります。
◆ 千葉地裁は、開始決定後約3か月後の日が再生計画案提出期限となっています。
  よって、この3か月間で大幅な財産の増加があり、清算価値の方が総負債額を基準とした額より高くなっていると、当初予定していた弁済総額よりも多額の金額を支払っていく必要が出てくると言うことです。
◆ ちなみに、積立期間ですが、千葉地裁の場合は、再生計画案提出時までに3回と、その後に1回の合計4回(4か月)となるのが普通の場合です。

  

2017年11月09日 20時01分

鈴木 克巳
鈴木 克巳 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
◆ 補足です。
◆ 個人再生における清算価値保障原則ルールの基準時(何時の時点の清算価値を基準に再生計画案の適法性を判断するかについて)は、再生計画案提出時(正確には認可時となる筈ですが、提出時=認可時との扱いです。)です。開始決定時ではありません。それが通説です。

2017年11月09日 20時04分

相談者(603063)
お二方、ご回答ありがとうございます

>個人再生における清算価値保障原則ルールの基準時(何時の時点の清算価値を基準に再生計画案の適法性を判断するかについて)は、再生計画案提出時(正確には認可時となる筈ですが、提出時=認可時との扱いです。)です。開始決定時ではありません。それが通説です。

開始決定時点では総負債額の5分の1の方が清算価額より10万円ほど高いという状況だったので、私の財産はすでに総負債額の5分の1を超えていると思われます。
今後再生計画案を提出する際に改めて通帳やその他書類を用意し、財産目得を訂正する必要があるという事でしょうか?

2017年11月09日 20時11分

鈴木 克巳
鈴木 克巳 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
◆ 再度補足です。
◆ 清算価値保障原則の基準時が再生計画案提出時(正確には再生計画案認可時)であると解すべきことについては、「個人再生の手引第2版(判例タイムズ社)235頁」や「個人再生の実務Q&A100問(金融財政事情研究会)81頁」にも明確に記載されています。

2017年11月09日 20時13分

鈴木 克巳
鈴木 克巳 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> 開始決定時点では総負債額の5分の1の方が清算価額より10万円ほど高いという状況だったので、私の財産はすでに総負債額の5分の1を超えていると思われます。
> 今後再生計画案を提出する際に改めて通帳やその他書類を用意し、財産目得を訂正する必要があるという事でしょうか?

◆ 財産状況報告書あるいは財産状況報告書(補足版)などの書類によって、当初提出した財産目録の財産が増加したことを示していく必要があります。
  その際には、資料(通帳その他の書類)を用意する必要があります。
  それが法に則った処理の仕方です。
◆ ただ、よくお考え下さい。
  預貯金を増やすから、清算価値が増えてしまうのです。
  千葉地裁なら、現金99万円以下なら自由財産です。
  つまり、99万円以下の現金は清算価値には含まれないのです。
  ここがポイントです。
◆ 私が何を言いたいのか、お分かりになっていただけますでしょうか。
  どういう処理をしていくべきかの詳細については、貴殿が依頼した弁護士にご相談なさって下さい。

2017年11月09日 20時21分

相談者(603063)
鈴木克巳先生ありがとうございます
>現金99万円以下なら自由財産です
最初に通帳を提出した際にも確かに同じ事を弁護士の先生に言われ、その通りの対応をしていただきました。再生計画案提出の際にも同じように対応していただけるという事がわかり安心しました。
本当にありがとうございました

2017年11月09日 20時29分

鈴木 克巳
鈴木 克巳 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
> 最初に通帳を提出した際にも確かに同じ事を弁護士の先生に言われ、その通りの対応をしていただきました。再生計画案提出の際にも同じように対応していただけるという事がわかり安心しました。
◆ 貴殿の弁護士先生は、個人再生の『実務』をしっかりと把握されておられる弁護士先生ですので、貴殿も安心なさって下さい。
◆ 貴殿が経済的再生を果たされることを祈念しております。

2017年11月09日 20時34分

相談者(603063)
励ましのお言葉本当に感謝致します

今担当していただいている先生は、依頼前に5件ほど事務所に相談してどこもあまり良い返事がいただけなかった中で「大丈夫です。再生できます。」とはっきりと言ってくださった弁護士先生でしたのでこれからも信じて節約を頑張っていこうと思います

2017年11月09日 20時40分

この投稿は、2017年11月09日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 依頼するのに裁判所の近くの事務所か遠くの専門家をネットで探すかで悩んでいます。

    現在、東京から2時間程度の他県の裁判所にて、提訴されております。 こちらから、反訴も考えておりますが、原告からの請求が15万円程度、こちらからの反訴が70-130万円程度になりまして、弁護士、もしくは司法書士の方に依頼を考えています。金額も多くなく弊社が小さい法人ですので、予算が限られております。 ケースバイケースで...

  • バイト先への被告(勝訴)からの強制執行

    被告が裁判に勝訴(棄却)し、「裁判費用は原告がもつ」との判決がでたとします。 被告にかかった裁判費用は、規定の計算で1万円にも満たないのですが、 被告は、原告の「バイト先」に、強制執行をかけることができますか。「バイト先」は企業で、派遣などではなく直接雇われていて、被告はその企業の登記簿を取り寄せています。 ...

  • 独占禁止法違反25条についてですが。

    賃貸設備のトイレタンクからの水漏れの修繕をオーナーが最後迄行わず、契約した不動産会社が関与していたのもかかわらず、入居してわずか3週間しか居られませんでした。最初は故障していませんでしたが、老朽化がかなり進んでいた上に、9月12日の直下型地震の為、トイレタンクにひびが入り水漏れが起こりました。その他隣人の嫌がらせも...

  • リゾート会員権の入会金返還請求について

    リゾート会員制クラブの入会金返還に関する相談です。償還期限を過ぎても一方的に支払延期(10年間)の葉書が二度も来たので、我慢できずに少額訴訟を東京地裁に起こしました。先方は口頭弁論に出頭せず即日判決が確定したので、判決文に基づき支払の催告書を送りました。先方から書面で請求と判決内容の確認がありましたが、支払いに関...

  • ワンクリック詐欺?

    サポートセンターです。 再三に渡りご通知致しましたが、今現在まで詳しいご説明も頂けずにおります。 料金未納状態での動画ダウンロード等の利用が違法に続けられているとご判断させて頂き、本日中に必ず何らかのご対応をお願いします、御連絡無き場合は下記の対応をさせて頂きます。 ※何らかの事情でご入金が出来ない方は延滞、分...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

個人再生に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。