個人再生手続き中の偏頗弁済について

個人再生を弁護士に依頼後に複数ある借入先の1社に給与差押えをされました。現在、裁判所に手続きを受理され手続き中ですが偏頗弁済にあたる可能性があると連絡が弁護士の先生にあったとの事、この場合どうなってしまうのでしょうか?
2017年09月22日 10時49分

みんなの回答

佐々木 光嗣
佐々木 光嗣 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
再生手続の中で偏波弁済と評価される場合、偏波弁済した合計額を清算価値に計上する必要があります。
清算価値というのは、再生計画における最低弁済額を決めるための基準です。
少額であれば影響はないでしょうが、数十万、数百万単位ということでしたら、再生計画の中で支払うべき金額が増額する可能性があります。

2017年09月22日 13時01分

相談者
書き込み、ありがとうございます。
ちなみに5社で総額約800万の内の1社に給与4ヶ月間に賞与1ヶ月で約80万支払いました。弁護士に依頼した期間内で弁護士の先生も把握していました。
それなのに支払う金額が増えてしまうのは納得出来ないような気がします。先生に打つ手はなかったのでしょうか?

2017年09月22日 17時23分

佐々木 光嗣
佐々木 光嗣 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
通常であれば、そのような偏波弁済はしないように指示すると思います。
事情はすべてわかりませんが、そうしなかった合理的な理由はよくわかりませんね。
弁済を止められなかったとすれば、勤務先からの借入れで、天引きを止めてもらえなかったようなパターンがあります。

2017年09月22日 20時39分

相談者
またまた書き込み、ありがとうございます。
差押え先は、TVでコマーシャルもしている大手の消費者金融です。先生には、個人再生手続きが開始にならないと止める事は出来ないと言われました。これは本当に正しいのでしょうか?先生同士で答えづらいかも知れませんが、意見を頂けると有り難いです。よろしくお願いします。

2017年09月22日 21時01分

佐々木 光嗣
佐々木 光嗣 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
> これは本当に正しいのでしょうか?

正しいです。
再生手続開始決定が出るまでは、差押えの効力は続行します。
債権者が差押えを取り下げてくれれば別なのですが、簡単には取り下げてくれません。

2017年09月22日 21時13分

相談者
お答え頂きありがとうございます。
差押え案件でも偏頗弁済になってしまうという認識でよろしいのでしょうか?

2017年09月22日 21時22分

佐々木 光嗣
佐々木 光嗣 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
> 差押え案件でも偏頗弁済になってしまうという認識でよろしいのでしょうか?

そうです。
自己の意思に基づくかどうかにかかわらず偏波弁済となります。
債権者間の公平を確保することが理由ですので。

2017年09月22日 21時24分

この投稿は、2017年09月22日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 弁護士に個人再生依頼しましたが失敗しました

    昨年、弁護士会から紹介された弁護士に個人再生を依頼しました 分割で報酬を払い終わりいざ、個人再生手続きが始まったのですが提出書類に不備があるらしく、何度も裁判所から再提出依頼がきたり、私が回答したことを裁判所に伝えていなかったりで 私は3年で終われるように頼みましたが個人再生5年で申請したらしく 挙げ句、裁判...

  • 個人再生依頼の弁護士辞任後、別の弁護士へ再度の個人再生依頼ができるかどうか

    個人再生の手続き中、書類が遅れている事と、費用振込遅れで 辞任になってしまいました。 今月までは公共料金滞納などで厳しく、 次月からは昇進もあり費用捻出出来るのですが・・・ 新たに個人再生手続きは行えますか?

  • 弁護士先生を変更しました。

    兄弟が自己破産するにあたり、A弁護士先生に依頼したのですが理由が有り、他のC弁護士先生に依頼する事になりました。前任のA弁護士先生から3万円の請求が届きましたがすぐには払えそうにありません。C弁護士先生への費用は法テラス経由で分割払いの予定です。

  • 辞任弁護士の振込み済み費用について

    争いの最中に弁護士さんが辞任してしまいました。 次回期日まで時間もありません、早急に裁判所へ連絡する助言を貰えたので従います。 ※個人裁判で賄うか別の先生にお願いするか、時間が無くて困りました。 訴訟した私として「弁護士費用」の部分も気になるところです。 辞任した弁護士先生へ支払った費用は通常どうするの...

  • 自己破産生活保護受給者は個人再生法は適用外か

    自己破産について受任契約していた弁護士と 方針で不審感あり解任しましたが、この弁護士が言うのが本当なのかアドバイスお願いします 現在は生活保護受給者で病はありますが1日数時間から仕事に就くようになってます 借金免責決定なれば兄弟に支払いが行く事や 自己破産でなく民事再生で債務圧縮可能性あると思っていて何回か弁護...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

個人再生に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。