ベストアンサー

給料所得者等再生の可処分所得計算方法について

現在、妻には内緒で銀行や消費者金融と合わせて280万円程の借金があり、返済が困難になり
個人再生か給料所得者等再生を検討しています。

しかし、個人再生は一回も返済していない銀行と4ヶ月しか返済していない銀行があるので、可否のない給料所得者等再生を考えています。

そこで先生方に質問があるのですが、妻の年収が200万円程ある場合、可処分所得は自分の収入と妻の収入を合わせた計算方法になるのでしょうか?

読みづらい文章で申し訳ありません。
回答よろしくお願い致します。
相談者(517557)からの相談
2017年01月20日 15時59分

みんなの回答

近藤 弘
近藤 弘 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
Q そこで先生方に質問があるのですが、妻の年収が200万円程ある場合、可処分所得は自分の収入と妻の収入を合わせた計算方法になるのでしょうか?
→いいえ,本人(夫)だけの収入から生活に必要な費用を引いて計算します。

2017年01月20日 23時52分

近藤 弘
近藤 弘 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
補足ですが,
「個人再生は一回も返済していない銀行と4ヶ月しか返済していない銀行があるので、可否のない給料所得者等再生を考えています。」
→銀行ですが,半官半民のようなところでなければ,反対票を入れる可能性が少ないということはありませんか?
可能なら,小規模個人再生の方がメリットが大きいのですが。

さらによりメリットの大きい,自己破産を選択されない理由(ご事情)は何ですか?
「一回も返済していない銀行と4ヶ月しか返済していない銀行がある」
という返済状況で個人再生選択して返済していくのは大丈夫ですか?
住宅ローン特例の恩典狙いですか?

2017年01月20日 23時57分

相談者(517557)
回答ありがとうございました。

以前、電話で借金の無料相談をしたときに、
任意整理を進められ、
「返済は6ヶ月~1年くらいしてないと断られる可能性がある」と言われ、個人再生でもそのくらいの返済期間がなければ断られるのだろうと
思い込んでいました。

補足についてですが
住居は借家なので、住宅ローンはありません。
自己破産を選択しない理由については、
車がないと生活出来ないためです。

2017年01月21日 08時22分

近藤 弘
近藤 弘 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
車ならば、古い年式(通常の国産車で5年落ちあたりから)
で中古価格で概ね20万円いかないものは、
破産時に手放さなくて良い扱いがなされています。
車があるから、自己破産を選択しないというのは、
昨今ではデマ(誤解)となりつつあります。

2017年01月21日 09時03分

相談者(517557)
恥ずかしながら借金のほとんどが、ギャンブル、投機によるものなので自己破産は厳しいのかなと思っています。

それでも出来るのであれば検討したいのですが…

色々と質問に答えて下さってありがとうございました。

2017年01月23日 06時47分

近藤 弘
近藤 弘 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
反省して、もうやりませんから、再出発の機会を下さい
と裁量免責狙う方法が残されています。
そんな、チャレンジご依頼者に勧められない
という見解もあるようですが。

2017年01月23日 15時37分

相談者(517557)
こんなどうしようもない人間に、親身に相談に乗っていただいてありがとうございました。

自分のしたことなので、こうなってしまった事は当然の報いですが、真っ暗闇から少し解放されたような気がします。
本当にありがとうございました。

これからは心を入れ替えて、家族の幸せのために精一杯生きていこうと思います。

2017年01月23日 17時31分

この投稿は、2017年01月20日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【死亡事故逸失利益】事業所得者(収入が平均賃金以下の場合)の計算方法

交通事故で被害者が死亡した場合、被害者がもし生きていれば得られた収入を逸失利益として賠償してもらうことができます。この記事では、被害者が事業...

【後遺障害の逸失利益】事業所得者(収入が平均賃金以下の場合)の計算方法

交通事故で後遺障害を負った場合、後遺障害にならなければ得られた収入を逸失利益として賠償してもらうことができます。この記事では、事業所得者(収...

【死亡逸失利益】被害者が事業所得者だったときの計算方法

交通事故で被害者が死亡した場合、被害者が生きていれば得られたはずの収入を逸失利益として賠償してもらうことができます。この記事では、被害者が事...

【後遺障害の逸失利益】事業所得者の計算方法

交通事故で後遺障害を負った場合、後遺障害にならなければ得られた収入を逸失利益として賠償してもらうことができます。この記事では、事業所得者の逸...

【交通事故の休業損害】被害者が給与所得者だった場合の計算方法

交通事故でケガをしたために仕事を休まなければならなかった…。このような場合に、仕事ができれば得られたはずの収入を「休業損害」として賠償してもら...

この相談に近い法律相談

  • 2度目の個人再生について、ご質問させていただきます。

    当方、給与所得を得ている会社員です。 4年前に、約1700万円の借金を小規模個人再生させていただき、圧縮された300万円を5年計画にて弁済中です。これまでの3年間に、180万円を順調に弁済してまいりました。 弁済の途中で、止むを得ない事情により、いわゆる街金(闇金ではありません)5社から、130万円ほどの借金をしております。...

  • 給与所得者再生における配偶者の収入などについて

    現在年収240万程度で220万近くの借金があります。 妻と子供2人の4人で生活しています。 妻も私と同じ位の年収です。 上記借り入れのほとんどが取引期間1~2年と短く 過払い金も無く、大元の借金の原因が私のFX投資の 失敗であることから、個人再生か給与所得者等再生 しかないと考えているのですが、給与所得者等再生 の場合...

  • 財務整理中に貯金が貯まりすぎるので心配。

    任意整理で滞納してしまいました。 一括請求が届きました。 18社ほど滞納してます。 1000万円借金があります。 質問は 個人再生を希望してますが 月収が29万円ほどあります。 仮に個人再生をした場合ですと、積み立て金などをして、生活費、弁護士費用分割支払いしても 実家暮らしなので毎月15万円ほどお金があまります。...

  • 初回未返済借り入れがある場合の個人再生手続きに関しまして

    現在の借金について小規模個人再生が現実的に可能かどうかご相談致します。 現在計7社より借り入れ総額800万円ありますが内3社の計150万円については最近借り始めた会社で返済はまだしておりません。 このばあい小規模個人再生における書面決議での反対や場合によっては詐欺での告訴といった内容になるのでしょうか。 また、給与所...

  • 個人再生時の副業に関して

    現在借金があり自己破産をしようかと考えていますが家族の強硬な反対に合い財産はないのですが個人再生になりそうです 財産がないのに個人再生というのはできるのでしょうか? また反対しそうな債権者がいるので給与所得者等再生になると思うのですが来月から副業で5万円ほど収入が入る予定(年間で75万円の予定)なのですがその金...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

個人再生に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。