1. 弁護士ドットコム
  2. 借金
  3. 債務整理
  4. 個人再生
  5. 小規模個人再生の件で質問です。

公開日:

小規模個人再生の件で質問です。

2016年05月31日
ベストアンサー
先日、裁判所からの、「再生計画案を認可する」
との決定通知が来ました。

支払いは、今月末からの開始で良いのか
又、支払先が4カ所になるのですが、振込先などは、債権者の方から連絡を頂けるのか、私から連絡をして確認するのかがわかりません。

裁判所の決定後に何をするべきか教えて下さい。
相談者(456298)の相談

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
> 支払いは、今月末からの開始で良いのか
→再生計画案に,支払方法(支払開始の時期も含めて)の記載があると思いますが,それに従えばいいと思います(「再生計画認可決定の確定した日の属する月の翌日から」等々)。

> 又、支払先が4カ所になるのですが、振込先などは、債権者の方から連絡を頂けるのか、私から連絡をして確認するのかがわかりません。
→通常,再生債務者側から確認すると思います。

> 裁判所の決定後に何をするべきか教えて下さい。
→官報掲載日,決定が確定した日を裁判所に聞いて確認し,支払開始月を確認します。あとは,振込先を債権者から聞いて,決まった金額の支払を続ければいいでしょう。

2016年05月31日 19時05分

相談者(456298)
ありがとうございます。

では、裁判所に電話をして確認しても良いのですね。

現在、相談できる所がなくて、不安ばかり抱えてしまっています。

2016年05月31日 19時09分

大和 幸四郎
大和 幸四郎 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 佐賀県1 借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
> では、裁判所に電話をして確認しても良いのですね。
@ぜんぜん大丈夫です。
裁判所もサービス業と思います。
確定予定日も教えてくれるでしょう。
> 現在、相談できる所がなくて、不安ばかり抱えてしまっています。
@認可決定が出ているのであればあまり心配しないでよいと思います。
また、このサイトで質問なさればよいと思います。

2016年05月31日 20時15分

鈴木 克巳
鈴木 克巳 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
◆ 支払開始月については再生計画案に書かれてありますので、ご確認下さい。
  支払開始は「再生計画案の認可決定が確定した日の属する月の翌月末日から」とするのが一般的です。
  仮に、そうであれば、5月下旬に再生計画案が認可されたのであれば、これが確定するのは約1か月先なので6月下旬となります。となると、支払開始は、7月からということになります。
  とにかく、再生計画案をご確認下さい。

◆ 振込先については、債務者側(貴殿側)から債権者の方に、振込口座を指定して貰うよう連絡をするのが一般的です。
  貴殿が依頼した司法書士はそこまでやらないのでしょうか?
  もしそうだとすると、随分と不親切な司法書士ですね。
  司法書士に確認された方が宜しいかと思います。
  相談できる場所がないとのことですが、司法書士はもう関与していないのでしょうか。

◆ 裁判所の決定後に何をするべきかは、本来であれば貴殿が依頼した司法書士が詳しく説明して然るべきです。
  もしやらないのだとすると、不親切としか言いようがありません。
  東京地裁だと、司法書士に頼んだ場合の個人再生委員報酬は25万円で、弁護士に頼んだ場合の個人再生委員報酬は15万円と10万円も差がありますので、司法書士に頼んだ方が安上がりとは決して言えず、かえって、手抜きをされると依頼者の方が気の毒極まりない結果となります。
  もし、今は司法書士が完全に離れてしまっているのであれば、貴殿がやられるべきことは、まず第1に、各再生債権者に、振込口座を指定して貰うよう通知することです。
  そして、再生計画認可決定日から1か月経ったら、裁判所に、再生計画認可決定が確定したかどうか、確定したとして、その確定日を教えて貰って下さい。
  東京地裁民事20部の個人再生係に電話して、事件番号(東京地裁平成27年再(イ)第〇〇〇〇号)と貴殿の氏名を言えば、裁判所は確定日を教えてくれます。
  そして、確定した日の翌月(多分7月でしょう。)から、各再生債権者が指定してきた口座に再生計画案の弁済計画表に書かれてある債権者別の月額支払額(多分、初回か最終回だけが違う金額になっていますので、注意して下さい。また、少額債権の場合は、初回で一括して支払うことになっている場合もありますので、ご注意下さい。)を支払っていくことになります。

2016年05月31日 20時48分

この投稿は、2016年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では16,522名の弁護士から、「個人再生に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 小規模個人再生の認可決定について

    小規模個人再生の手続き中です。 再生計画案の提出を5月末に提出し、官報に6月中旬に掲載され、一般回答期限?の期限が7月の頭になっていました。 その日を迎えた翌々日に5月、6月分の家計収支と積み立て明細の提出を再度求められました。 何かしら決定するにあたり懸念を抱かれてるのでしょうか? 弁護士事務所の方にも決定連絡...

  • 個人再生中に大学に入学することについて。

    現在、小規模個人再生の申し立て中です。5月に裁判所に申請を出して、認可を待っている状態です。 10月から大学に通いたいと思っているのですが、これは個人再生に影響はありますでしょうか。 大学は通信制で、仕事をしながら通います。 また、かかる学費は4年間で約100万円なので、返済が滞ることはないと思っております。 大学...

  • 小規模個人再生の財産目録について

    小規模個人再生の手続き申請中です。 弁護士さんに依頼をしているのですが、財産目録に弁護士費用及び初回分(3か月分) の支払いの為の積立金(弁護士費用を引いた分)も財産として計上する必要はありますか。 教えてください。 よろしくお願いします。

  • 管財人事件について質問です

    自己破産の申告を現在しています。 4月20日に裁判所に弁護士事務所の方から、申告をして6月17日に管財事件になったとの 連絡を戴きました。【費用は20万かかりますと言われました】 理由が、今回の借金の理由の中に娘の就職費用(ダンスのオーディション)が含まれているのが 原因だとのことでした。 娘さんが支払うべきなので、そ...

  • 個人再生の認可不認可

    今、個人再生で最終段階まできました。 裁判所から連絡があり 今月分の積み立て通帳コピーと 家計簿だけ出してください。 あとは… 現在、仕事が風俗で… 裁判所から昼間の仕事に変わってください。と言われました。 今は、就職活動しながら風俗に務めていますが… やはり、仕事が風俗だと不認可となるんでしょうか? 弁護士に以...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。