個人再生法

個人再生するにあたり家計収支表が必要と聞きました。これは家計収支が赤字に近くないと再生出来ないのしょうか?返済額によるとは思いますが再生申請すると120万円位に減額されるみたいなのですが、その際、収支の残額はいくら位で申請が認められるのでしょうか?
宜しくお願い致します。
2011年01月27日 17時44分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
逆で,家計収支が赤字だと再生は認められません。
というのは,減額した債務を,3年間の間,確実に支払っていけることが条件だからです。
むしろ余裕がないといけないのです。

2011年01月27日 17時45分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
ありがとう
収支は赤字だと再生できません。
再生手続きは借金の一部を
支払わなければならないからです。

再生手続きでいくら支払うこととなるかは
借金の総額やあなたの収入や資産、
扶養家族の数にもよるので
一般的には回答できません。

弁護士のところに資料を持って
相談に行ったらよいと思います。

2011年01月27日 17時48分

相談者
有難うございます。
司法書士から残額(五万円)からすると甘えてるんじゃないか、返済していきなさい!みたいな事を言われました。

2011年01月27日 19時42分

相談者
有難うございます。司法書士から残額(五万円)からすると甘えてるんじゃないか、返済していきなさい!みたいな事を言われました。

2011年01月27日 19時44分

この投稿は、2011年01月27日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 個人再生をした場合

    12万円の婚姻費用の分担を支払い中ですが、借金があり個人再生をしようと思っています。個人再生をしたら12万円の婚姻費用の減額は可能でしょうか? その場合最低額はいくらまで減額できるのでしょうか半額支払いするのもきびしい状況です。 それとどんな手続きをしたらいいのでしょうか? 教えて下さい

  • 個人再生について2つの疑問

    個人再生でいくつかの質問です。 ①取引履歴を開示し、過払い金が発生している場合(完済出来ない額)金額が減額されるという事でしょうか?例えば150万の借金があり、50万円の過払い金が出た。しかし他者から200万の借金があるので、5分の1の最低弁済額は100万円なので、その過払い金は意味がない事になりますか? それとも過払い金は...

  • 自己破産申立時の財産について

    自己破産手続き中です。 来月、申立をする予定となっております。 申立時に給料の金額にもよりますが、 生活費や支払いしないといけないものを 差し引いて 20万超えるか超えないくらいの現金が残ります。 その他に 保険解約金が数万円 会社の株主が10〜20万程度 債権者からの過払い金の戻りが返ってくるのでそれが200万程度 ...

  • 離婚 退職金 仮差し押さえ。相手方の逆襲回避を教えてください

    離婚調停中です 財産分与でもめています 4月いっぱいで相手方は退職します 不動産ローン残高2400万 査定価格2000万 家の名義人は 相手方です 退職金3000万 私は、家で仕事をしているので、ここに住み続けなければ働けません 私の預金はありません 相手方は、退職金は200万なら渡すと言っています。 家は 売却したい...

  • 給与所得者再生の返済額について

    只今、主人か個人再生の手続きを進めております。一千万の借金があり1年前に手続きをしましたが、 小規模再生が反対され、給与所得者再生で申請し直すようです。 わたしも返済額が心配で、いろいろネット検索をして計算してみると500万くらいになると思っていました。しかし、弁護士さんの話だと300万で、月8万3千円くらいになるだ...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

個人再生に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。