個人再生を行う直前の借入について。この場合は初めから給与所得者等再生を申し込むべきでしょうか?

公開日: 相談日:2015年06月09日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

現在、個人再生を考えています。

債務は下記の通りです。
カードローン①100万(2年前より利用)
カードローン②100万(1年半前より利用)
カードローン③50万(半年前より利用)
クレジットカードリボ①100万(4年前より利用)
クレジットカードリボ②100万(2年前より利用)
クレジットカード③20万(1月前より利用)

借入の主な目的はFXの失敗による支払です。
現在、カードローンの借入により全ての返済を行っている状態です。
給与は20万ほどです。

そのため、個人再生を考えているのですが、1月前に引っ越しを行っており、その際の出費や家具等でクレジットカードを使用しているため、これが債権者の反対にあうのではないかと考えています。
クレジットカード③については支払日がまだ来ていないため、1度も支払いを行っていない状態です。

この場合は初めから給与所得者等再生を申し込むべきでしょうか?
それとも、債権者の半分以上の反対がないと考えて小規模個人再生を行うべきでしょうか?

また直前の借入の場合、意図的と判断され、返済額の増額が行われる場合等あるのでしょうか?

先生方、何卒ご回答のほどよろしくお願いします。



追加で失礼します。このような案件であっても弁護士の先生方は受任していただけるのでしょうか・・・?

357400さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    長崎県1位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    >この場合は初めから給与所得者等再生を申し込むべきでしょうか?
    >それとも、債権者の半分以上の反対がないと考えて小規模個人再生を行うべきでしょうか?

    経験上、債権者が反対する可能性は低いため、小規模個人再生で問題はないと考えます。
    ご心配なら給与所得者等再生でも構いません。
    いずれでも問題はないでしょう。

    >また直前の借入の場合、意図的と判断され、返済額の増額が行われる場合等あるのでしょうか?

    お書きの事情程度なら、増額等が行われることはまずありません。

    >追加で失礼します。このような案件であっても弁護士の先生方は受任していただけるのでしょうか・・・?

    はい、問題なく、受任する弁護士はいると思いますよ。

  • 太田 哲郎 弁護士

    タッチして回答を見る

    20万円程度であれば、債権者がそれほど問題にしない可能性も高いと思われますので、小規模再生の申し立てでよいと思われます。いずれにしても、支払い不能状態だと思われますので、早期に弁護士に依頼されて、申し立てをされるのがよいと思います。

  • 相談者 357400さん

    タッチして回答を見る

    先生方、ご回答ありがとうございました。
    安心いたしました。なるべく早く近くの弁護士の先生に相談に行きたいと思います。

    追加でのご質問になりますが、クレジットのリボ払いで購入したものの場合、所有権の留保となり個人再生の手続きをした場合に引き上げが行われると聞きました。
    私の場合、引っ越し代等のすでに消費したサービスについては問題ありませんが、新居のベットや机などもクレジットのリボ払いで購入しております(それぞれ1万円程度)。また、1年ほど前に購入したテレビなど大半支払い済みのリボで購入したものも引き上げ対象になってしまうのでしょうか?
    また、具体的にはどのような物品または値段の商品が引き上げの対象となるのでしょうか?
    お忙しい中申し訳ありませんが、ご教授いただきますようお願いいたします。

この投稿は、2015年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから