公開日:

個人再生法

2013年03月04日
主人が経営しております会社(中小企業・年商8000万規模)が、この度税務調査がはいり、脱税が発覚してしまいました。
まだ金額は不明ですが、追徴課税・重加算税等含めまして5000万近くになるかもしれません。
本来でしたらきっちり返済して、企業を続けていきたいのですが、今現在、会社にも個人にも返済するだけの資金がなく途方にくれてしまいました。
個人再生法というのを知人に聞いたのですが、これは適用できるのでしょうか?
個人再生法の有無、メリット・デメリットを教えていただきたいと、質問させていただきました。
 よろしくお願いいたします。
相談者(166716)の相談

みんなの回答

川添 圭
川添 圭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府2
ありがとう
脱税を指摘されているのは会社(法人)ということでしょうか。とすれば,検討すべきは個人再生ではなく一般民事再生の手続ということになりますが,租税債権は一般優先債権とされており,買掛金や借入金のように債権カットの対象になりませんので,民事再生手続で経営の建て直しを図ることができるかどうかは微妙だと思います。
いずれにせよ,今後の対応について弁護士へご相談いただくべき事案ではないかと思います。

2013年03月04日 18時15分

相談者(166716)
ご返答、ありがとうございます。
私達共では、なかなか考えが及ばず、落ち込む一方です。
弁護士の方に相談してみようかと思います。

2013年03月04日 18時59分

この投稿は、2013年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • SEO対策をするという会社

    ネットショップを出店しているものです。(個人事業主) 出店モールにおいてのSEO対策をするという会社と契約しました。 しかし、当初説明されたものとは違う結果(一方的な)を出したと言って 1年契約が成立した旨を言われ、説明と違うことを告げると「認識の違い」や「誤解」という言葉で 終わりにされてしまいます。 契約解除を...

  • 個人からの債権回収について。従業員と経営者を区別する基準

    私は個人事業主で、レストランを経営を始めて8年目になります。開業時から一緒に働いてきたAが退職したのですが、開業時から退職までに発生した負債の一部をAに負担して欲しいと思っています。ですが、退職数日後、Aの弁護士から「Aは一従業員のため、負債を負担する必要はない」との連絡がありました。 ・開店当初は”共同経営者”と...

  • 個人経営者がお金を払ってくれません

    こちらは小規模法人(太陽光、オール電化工事業)で、相手は個人事業主(営業)です。5年ほど前から個人事業主から工事依頼があり、当社で工事を請け負うという関係です。 2年ほど前から工事代金の支払いが滞りだしたため、信販会社を通して請け負うことにしていましたが、そちらの支払いも曖昧になってきたため、取引をやめることにし...

  • 事業会社が個人(個人事業主ではない)に対する事業譲渡は可能か?

    中小の株式会社(100名程度の規模)から個人(わたし)に対して、事業の一部を譲渡することは法律的に可能でしょうか? 売り側とは譲渡の話が口頭ベースで、すでにほぼほぼまとまってはいるのですが、譲渡先の会社をまだ設立しておらず、先にわたし個人に対して譲渡契約を交わすことは可能でしょうか? お答えいただけますと幸いです。

  • 自動車執行が可能な条件

    企業(法人化しているが一人で業務を行っている零細企業)からの売掛金が入らず、債務者が申立した調停で約束を守らず債務名義を取得しました。債権執行で銀行預金を差し押さえましたが残高が無く、空振りに終わりました。次に自動車執行を検討しております。この企業は確かに自動車を使用しておりますが、それが会社名義なのか個人名義な...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

個人再生に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。