債務整理について。本人保証契約、精算価値保障とは何でしょうか。

公開日: 相談日:2021年04月22日
  • 1弁護士
  • 4回答
ベストアンサー

【相談の背景】
自己破産か個人再生を検討していますが、CICを確認したところ、ある銀行のカードだけ契約の内容が本人保証契約となっていました。
他はカードと書いています。
これは連帯保証人のようなものでしょうか。
だとすると、自己破産をしても、自分が保証人として支払い義務が残るのでしょうか。

それと自己破産と、個人再生の違いは、家や財産を残せることの違いだと思っていたのですが、精算価値保障と言うものがあるのを知りました。
これは多額の借金があると、同等の価値あるものを渡して、個人再生では家や財産は残せないと言う事でしょうか。
それなら、多額の借金だと個人再生のメリットはないと言うことでしょうか。

【質問1】
本人保証契約とは?自己破産後に本人に残債が残ると言うことでしょうか?

【質問2】
個人再生をしても借金が多額だと精算価値保障により、自己破産と変わらず、家や財産を残せないのでしょうか?

1019898さんの相談

回答タイムライン

  • 冨本 和男 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    弁護士が同意
    2
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    質問1について
    たぶん,ローンの債務保証を行っている保証会社の保証契約のことだと思います。銀行は借主にローンを提供する場合,必ず保証会社を利用します。借主が銀行への支払いをしない場合,銀行は保証会社から代位弁済を受けます。その後,代位弁済をした保証会社が借主に請求してきます。しかし,破産して免責が許可されれば,この分も支払う必要はなくなります。

    質問2について
    個人再生の場合,裁判所のお力をかりて,借金を大幅に減額することができます。しかし,減額できるといってもいくつかルール(100万円以上,債権額の20%以上,清算価値保障原則)があります。
    清算価値保障原則というのは,個人再生の場合,破産した場合に配る配当よりも多く支払う必要があるということです。仮に,自宅の時価が2500万円で住宅ローンの残が2300万円だったとしましょう。破産したら自宅は処分され,2500万円のうち2300万円は住宅ローンに充てられ,残り200万円は破産手続で債権者に配られるわけです。
    そうすると,個人再生の場合,破産の場合より有利になるのはおかしいですから,減額できるといっても,200万円以下に減額できないわけです。

  • 相談者 1019898さん

    タッチして回答を見る

    富本先生、とても分かりやすくご説明頂きありがとうございます。

    精算価値保障と言うのは、そういう事なんですね。
    そうすると、現金についても、自己破産で管財事件だと、99万円の現金以上は残せませんが、個人再生の場合も、現金が150万円あるとすると、個人再生をしても150万円以下にはならないと言う理解で大丈夫でしょうか?

  • 冨本 和男 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    タッチして回答を見る

    いいえ。現金については,99万円を超える分が清算価値になると思います。

    例えば,資産として現金が160万円,住宅ローンの余剰価値が200万円があるとします。
    そうすると,破産になった場合,
    (160万円-99万円)+200万円=261万円
    が債権者への配当に充てられことになります。

    この261万円が個人再生の場合の清算価値ですので,
    個人再生によって減額を認めてもらうにしても,これ以下にはならないということになります。

  • 相談者 1019898さん

    タッチして回答を見る

    ありがとうございます。
    とても分かりやすいです。

    それでは、個人再生では、借金の5/1までしか減額出来ないとありますが、精算価値保障と言うのと、どちらか多い方の金額と言うことでしょうか。
    それとも5/1の金額と言うのが、この精算価値保障の計算から出るだいたいの金額と言うことでしょうか。

    お忙しい中、恐れいります。
    宜しくお願い致します。

  • 冨本 和男 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    タッチして回答を見る

    はい。住宅ローンを除いた負債額が500万円超1500万円以下の小規模個人再生事件であれば,①100万円,②負債額(住宅ローン除く)の5分の1,③清算価値の3つの金額を比較し,一番多い金額までしか減額できないことになります。

  • 冨本 和男 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    タッチして回答を見る

    例えば,先の清算価値が261万円の例で,住宅ローンを除いた負債額が1400万円だったとします。

    1400万円の20%は280万円で,清算価値の261万円を上回りますので,1400万円を減額できるとしても280万円以下にはならないということになります。

  • 相談者 1019898さん

    タッチして回答を見る

    最後までとても分かりやすい説明ありがとうございました。

この投稿は、2021年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「個人再生」に関する情報をわかりやすく解説した法律ガイド

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す