自己破産と過去10年の職歴の再確認について

公開日: 相談日:2020年11月24日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

依頼した弁護士さんに過去10年の職歴を聞かれて、覚えている範囲で答えたのですが(分からない事や覚えていない事の方が多いです)、弁護士さんが裁判所へ自己破産の申立書を提出する前に、弁護士さんに私の過去10年の職歴を再確認をされる事はありますか?

974534さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    ご相談者様に対して、再確認することがあるかという
    ご質問でしょうか。
    申立書に記載するため、再度確認することはあると思います。

    例えば、通帳に給与振り込みの記載がある場合
    それと働いていた時期が整合しなければなりませんので
    以前のご説明と整合するか確認したりすることはあると思います。

  • 弁護士ランキング
    群馬県4位
    弁護士が同意
    2
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    そうですね。

    可能な限り、正確な書類を作成する必要がありますので、そのために資料などを精査した上で、再確認することはあり得るでしょう。

    但し、10年という期間は長いですし、転職などが複数ある場合には、分からない事や覚えていない事がどうしても出てきてしまうことはあり得るでしょうから、それについては、やむを得ない部分があると思います。

    また、もし、再確認があったとしても、それは自己破産の依頼を受けている弁護士として、依頼者の方が免責決定を頂けるためにすることですので、一緒に力を合わせて頂けるといいでしょう。

    ご検討頂ければと思います。

この投稿は、2020年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す