自己破産をされたらどうなるのか

公開日: 相談日:2020年01月28日
  • 3弁護士
  • 3回答

自己破産をされたら

自己破産を債務者にされた場合のことで
相談させてください。

1年ほど前に、友人に150万円程のお金を
現金で貸しました。

約束ではその1ヶ月後から分割で
返すとなっていましたが、最初数ヶ月滞納が続き
まとまって返せる事になったという事で
50万円ずつ3か月間で返してくれました。
(まとまったお金で返せるようになった理由は、夜の仕事を始めたからという事でした。)

その後、その件での連絡はしてませんでしたが
最近になって電話がきて、
自己破産をする事になり、他に債権者がいる中で
友達であるからという理由で私だけに
お金を返したことが偏頗弁済という事に
なるらしく、申し訳ないが
返した150万円を全て返してもらう事になるといわれました。

はっきりいって、自己破産のルールはわかりませんが
私が善意で貸したお金を、返してもらっただけで
私のお金なのにまた、返してと言う事に
大変困惑しています。
しかも、返してもらったタイミングで軽自動車を
購入したため150万なんていま取り上げられる
現金も持っていません。

友達いわく、返せないというのは通用しないから
破産財団?から強制執行される?
みたいな事もいわれどうしていいのかわからないです。

弁護士の方に頼んで、自己破産を手続きしてもらって
いるみたいですが、
自分の私利私欲で膨れた借金を自己破産なんて
簡単にできることなのでしょうか?

そして、私はお金を返さないといけないのですか?

887810さんの相談

回答タイムライン

  • 相談者 887810さん

    タッチして回答を見る

    ご回答ありがとうございます。

    否認だとか破産債権者とか
    難しくよくわからないのですが、
    1度、滞納した時に
    自己破産するかもしれないから返せないといわれました。
    ですが、その子が風俗している事や、高額の買い物をしていることを知っていたので返せるでしょう。と
    促しました。

    この状況で、相手の自己破産のために
    私は150万円の借金を背負わないといけないような
    状況になり得る理不尽なこと有り得るのですか?

  • タッチして回答を見る

    自己破産というのは、厳密には、二つの手続きのことを言います。①破産手続+②免責手続という手続きです。

    ①というのは、誤解を恐れずにいうと、今ある財産をすべて現金化してお金を作って、そのお金で複数いる債権者に出来る限りの弁済をすることを意味します。この場合、平等に債権の額に応じて按分でできる限りの弁済をします(これを「配当」と言います。)。今ある財産すべてのことを「破産財団」と言います。今ある財産を現金化したり、債権者に平等に返すという手続きをする人のことを「破産管財人」と言います。この人は裁判所が選任をします。

    破産手続きというのは、「今ある財産をお金に換えて平等に債権者に返さなければならない」という考え方ですので、抜け駆けして、1人だけ多く返してもらうということは許されません。債権者の1人が抜け駆けして多くお金を返してもらうことを「偏頗弁済」と言います。この「偏頗弁済」という抜け駆け行為をすると、上で述べた破産管財人にお金を返してくださいということを言われる(この権限を「否認権」と言います。)ということになります(法的に返す義務があります)。他の債権者からすると、借金まみれで返せない状態(法律上は「支払い不能」と言います。)なのに1人だけ抜け駆け(法律上は「偏頗行為(弁済)」と言います。)を許すというのは、不公平だということになるからです。

    ただ、細かい要件は説明すると難しくなるので、ざっくり言うと、「そんな借金まみれで返すことができない状況だとは、知らなかった」(知らないことを法律上は「善意」と言います。)という場合には、返さなくてもよいということになっております。
    ⇒【相談者の場合】返さなくていい場合もあるし、返さなければならない場合もある。 

    ②は、免責手続きというのは、「借金をチャラにする手続き」です。①で、今ある財産をすべて現金化して、その現金で債権者に出来る限りの弁済(「配当」)をしても、まだ、借金が残っている場合には、その債務者(破産者)を経済的に再起させてあげるために、残りの借金をチャラにしてあげるという手続きがあります。それが「免責手続き」です。

    もっとも、チャラにできない場合(「免責不許可事由」と言います。)やチャラにできない債権の種類(「非免責債権」と言います。)というのもあるので、必ずしも借金がチャラになるわけではありません

  • 相談者 887810さん

    タッチして回答を見る

    なるほど…詳しくありがとうございます。
    そもそも、基本的な質問で申し訳ないのですが
    自分の趣味でお金を使って借金してて、
    妊娠をして夜が働けなくなり
    父親が分からずシングルマザーになるから
    自己破産します。ってまかり通ることなのですか?

    私に偏頗弁済だからとか以前に
    ほんとに困窮している方ならともかく
    自分勝手にも程がある中で
    そんな自己破産が認められるとしたら
    びっくりです。

  • タッチして回答を見る

    > この状況で、相手の自己破産のために
    > 私は150万円の借金を背負わないといけないような
    > 状況になり得る理不尽なこと有り得るのですか?

    ケースバイケースです。ありえるか否かの2択であればあり得るということになるでしょう。
    相手方の状況が分かりませんが,破産の申立があった後に,
    あなたへの返済が無効(否認といいます。)となれば,それを返せということになります。

この投稿は、2020年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました