1. 弁護士ドットコム
  2. 借金
  3. 債務整理
  4. 自己破産
  5. 非免責債権の債務者が行う自己破産申立の実益について

公開日:

非免責債権の債務者が行う自己破産申立の実益について

2018年11月19日
ベストアンサー
本サイト上に2017年01月20日05時54分に投稿された「慰謝料請求の裁判について」という質問において、名誉棄損で罰金刑を受けたという相談者様からの「480万円の支払いが命じられても払えない場合は、どうすれば良いのでしょうか?」という質問に関し、複数の先生が「破産を検討するべき」などと回答されています。
しかしながら破産法第253条第1項第2号では、破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権については非免責債権とされていたと思うのですが、破産債権が本件によるものの他には存在しないとすれば、このような案件について自己破産を申し立てる実益には、どのようなものがあるのでしょうか?
相談者(731446)の相談

みんなの回答

大和 幸四郎
大和 幸四郎 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 佐賀県1 借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
弁護士により見解が異なるかもしれませんが、実益はわかりません。なぜなら、そういうことを認めると罰金刑の意味がなくなると思います。

2018年11月19日 12時14分

石井 康晶
石井 康晶 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 千葉県1 借金・債務整理に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> このような案件について自己破産を申し立てる実益には、どのようなものがあるのでしょうか?
:「悪意で加えた不法行為」という要件の内、「悪意」の認定にかかわります。これは積極的な害意と解釈されていますので、そのような害意があるケースでなければやる価値はあります。確実に免責を得られる保証はないが、ほかにやりようがないという意味合いで破産を勧めるのでしょう。

2018年11月19日 12時22分

相談者(731446)
早速のご回答ありがとうございました。
特に「悪意=積極的な害意」というご説明に納得がいきました。
罰金刑の有罪判決を受けている場合でも、かかる害意が無いと判断されるようなケースもあるのですね…

2018年11月19日 12時38分

この投稿は、2018年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「自己破産」は戸籍に載る?年金がもらえない?よくある勘違い5パターン

「自己破産をしたら戸籍に載る?」「選挙権がなくなる?」ーー。借金がほぼ帳消しになる、という大きなメリットがある分、影響力も大きく感じる「自己...

「破産者の個人情報拡散防いで」 日弁連が国に意見書提出

日本弁護士連合会(日弁連)はこのほど、破産者などの個人情報がネット上で拡散しないように防止措置を求める意見書を取りまとめ、7月28日に内閣総理大...

自己破産した元配偶者から養育費を支払ってもらえる?

元配偶者から「自己破産をしたので養育費が支払えない」と言われた場合、どうすればよいのでしょうか。これまでの滞納分や将来の養育費は請求できなく...

「お金がない」と言い訳する相手に慰謝料を支払わせるには

相手方の不倫(不貞行為)が原因で離婚する場合、相手方や不倫相手に対して、慰謝料を支払うよう要求することができます。しかし、「お金がない」「自...

この相談に近い法律相談

  • 自己破産による預金口座の残高相殺について

    自己破産手続きのため弁護士による受任通知の送付後、借り入れのある銀行の預金口座が凍結され、残高の相殺がされると思います。ネット情報ですと、この凍結以降に振り込まれた預金残高よ相殺は禁止されていると見ました。 しかし、保証会社による代位弁済の直前に残高があると0にされるという記載を見ました。 これは時系列的に...

  • 過去に債務名義を取得された債権の消滅時効の援用について

    平成30年6月8日付で債権回収会社が原告の訴状(支払督促)が簡易裁判所から届きました。 訴訟に至る経緯としては 平成7年6月   消費者金融会社から借入 平成12年12月に返済をした以降現在に至るまで放置 平成14年11月  期限の利益喪失 平成14年11月   消費者金融会社から支払督促(簡易裁判所)の異議申し立てを放置 債権回収...

  • 自己破産申立て前の交通事故保険金の受取人と管財事件について

    昨年10月に埼玉県の弁護士事務所に自己破産の手続きを依頼をしました。 弁護士費用は毎月分割にて支払い、支払い完了後に申し立てをする流れで現在は申し立てには至っておりません。 当方群馬在住、金額については約220万円ほど(個人債権者1名も含まれます) 今年二月に軽微の当て逃げ事故に遭いました。 現時点で自身が加入して...

  • 自己破産前のクレジットカード自動決済契約について

    自己破産で、現在免責審尋期日が1月です。 破産申し立てする前に、クレジットカードで半年毎の自動更新(自動費用請求)および1年毎の自動更新(セキュリティソフトの購入と更新)の契約をしています。 免責されたら、この自動更新(請求)は無効と考えてよいのでしょうか?以前にご相談したら、放置しておいて構わないといわれました...

  • 自己破産手続き中の当該カードの返済引き落としについて

    自己破産を弁護士に依頼し、受任通知送付と書類等提出済みの状態です。 決定待ちの期間ということかと思います。 破産手続きをしているカードの銀行に、普通口座とデビットカードのついたものも以前から持っており、こちらが変わらず使えるようだったので、銀行に問い合わせると、こちらはデビットカードなのでこれからも問題なく使え...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

自己破産に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

自己破産の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。