再婚前の自己破産について

公開日: 相談日:2010年01月07日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

現在、約7年程前に会社経営していた時の信用保証協会等からの借金が約4,000万円程残っておりますが(会社は休眠状態になっています)、再度サラリーマンに戻った為、返済ができずにいます。
また、この度縁あって再婚することになり、身辺整理をしてからと思っておりますが、私が自己破産をしたことにより、入籍後、婚約者にマイナス要因が起きる(クレジットカードの解約や限度額削減など)ことはありますでしょうか?
(そういうことがあったと、噂で聞いたことがあります。)
保証協会の方からも自己破産を勧められており、会社を辞めた後はその時必要だった国家資格も現在の仕事では必要無いので、自己破産を検討するようになりました。
私がクレジットカードを持てない、ローンが組めないといったことは自業自得なので仕方ありませんし、婚約者も理解をしてくれていますが、婚約者に迷惑がかかることだけは避けたいと思っています。
皆様のアドバイスをお願い致します。

5608さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士 A

    タッチして回答を見る

    破産の有無は個人単位の問題ですので通常は婚約者の方に影響が及ぶことはないと考えて問題ありません。万が一を懸念されるのかとは思いますが、4000万円からの借金が残ってしまっているのであれば、やはり早めに破産をしてしまった方がよいかと思います。

  • 足立 敬太 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    初めまして。


    相談者様のご心配は
    >婚約者に迷惑がかかることだけは避けたいと思っています。
    の一点と理解して回答いたしますが、この点は大丈夫と思われます。

    破産における法律上の不利益は(一定の仕事に就けないなどもありますがこの点は問題ないとのことなので省略)再度の破産が困難になるという程度ですが、この点で婚約者に迷惑がかかるということはありません。

    婚約者の信用情報に傷がつくというのも、少々考えにくいです。信用情報機関でも破産者情報は集めているようですが、誰が誰と結婚した、その結婚相手は破産経験があるなどの情報を把握しているという話は聞いたことがありません。
    「おそらく」程度でしか断定できませんが、問題ないと思われます(ただしこの点は法律論でない以上、はっきりとしません。自己責任でお願いします)。


    あり得るとしたら、破産したときの住所が官報に載って、ヤミ金のDMがポストにたくさん届いて、それをみた婚約者が不快な思いをする、程度でしょうか。ゴミ箱に捨てればすむことです。

    無事に新たな人生のスタートを切れるようお祈りします。

この投稿は、2010年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す