弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

自己破産 : 自己破産の条件と注意点などお悩み対処法

自己破産か個人再生か

浪費やギャンブルで400万くらいの借り入れがある場合、年収400万くらいだと自己破産は出来ないのでしょうか?弁護士に相談したところ、自己破産して配当金を払うことになるより個人再生の方がトータルで支払う額が少なくなるかもしれないと言われたのですが、どういった意味なのでしょうか? >浪費やギャンブルで400万くらいの借り入れがある場合、年収400万くらいだと自己破産は出来ないのでしょうか?

自己破産事態は可能ですが、ストレートに免責がおりるかは不透明です。
場合によっては管財になっていくらか出す必要があり、その出す金額によっては個人再生よりも出さなくてはいけない可能性もあります。

>弁護士に相談したところ、自己破産して配当金を払うことになるより個人再生の方がトータルで支払う額が少なくなるかもしれないと言われたのですが、どういった意味なのでしょうか?

管財になっていくらかを出さなくてはいけないかもしれない、ということです。

個人再生なら400万円の借金は100万円に圧縮できて3年で支払えばいいので、そちらの方が安いかもしれない、ということになります。
> 浪費やギャンブルで400万くらいの借り入れがある場合、年収400万くらいだと自己破産は出来ないのでしょうか?
破産手続はとることができます。ただし,理由が浪費,ギャンブルとなると免責許可決定がすぐに出る事案ではなさそうです。

> 自己破産して配当金を払うことになるより個人再生の方がトータルで支払う額が少なくなるかもしれないと言われたのですが、どういった意味なのでしょうか?
破産しても,プラスの財産の方が多いのであれば,債権者に配当金を払うことになります。個人再生であれば,債務が100万円になって,それを3年もしくは5年で支払うことになるので状況によっては支払う額が少なくなるかもしれないということでしょう。免責許可決定が出されないと,破産しても400万円の債務が残るということになります。
> 浪費やギャンブルで400万くらいの借り入れがある場合、年収400万くらいだと自己破産は出来ないのでしょうか?

・・・自己破産はできます。問題は 免責=債務の免除を受けれない可能性が高いということです。そうなれば 再度個人再生申立てをする必要があり得ます。

弁護士に相談したところ、自己破産して配当金を払うことになるより個人再生の方がトータルで支払う額が少なくなるかもしれないと言われたのですが、どういった意味なのでしょうか?

・・・免責不許可となる可能性が高い事案で 再度個人再生申立てということになるのであれば 最初の自己破産申し立て費用(弁護士費用 場合によっては管財事案となり裁判所に20~30万円申立て時に一括で予納する)が無駄になり 一方 最初から個人再生であれば 100万円を3~5年で分割支払いできれば認可されることになるので 費用対効果を考えれば 個人再生を進めるということでしょう。

病院で 患者さんが内視鏡手術を希望されても 開腹手術をすべきケースがあるのと同様で 弁護士として 先を見通してアドバイスをされているのだと思います。
> 浪費やギャンブルで400万くらいの借り入れがある場合、年収400万くらいだと自己破産は出来ないのでしょうか?

可能でしょう。
免責の問題はありますが、それは事情次第です。

弁護士に相談したところ、自己破産して配当金を払うことになるより個人再生の方がトータルで支払う額が少なくなるかもしれないと言われたのですが、どういった意味なのでしょうか?

わかりません。
管財人の指示で一定の金額の弁済などが指示された場合のお金と弁護士費用と管財費用の合算金を問題にしているのかもしれません。

健康一番さん
2017年01月12日 06時38分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
弁護士が同意1
ありがとう

2017年01月12日 06時40分

大谷 有紀
大谷 有紀 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県5
弁護士が同意1
ありがとう

2017年01月12日 07時31分

森田 英樹
森田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府9
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう

2017年01月12日 07時36分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1 借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう

2017年01月12日 07時42分

この投稿は、2017年01月12日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 個人再生・自己破産は出来ますか?

    父の銀行の住宅ローン(母と私が連帯保証人)の返済が滞り、現在は債権はサービサーに移っています。結局、住宅を任意売却することになりました。しかし、それでもオーバーローン2600万円です。残債についての返済計画もかなり厳しくなるため、任意売却後、債務整理を考えています。 私については、個人再生を考えています。ただ1つ気...

  • 個人再生と自己破産

    残す資産がない場合、自己破産ではなく個人再生を選択した場合、個人再生は自己破産よりもメリットをもたらすものでしょうか?

  • 個人再生→自己破産

    個人再生をしてやはり支払いがきつい場合の自己破産は個人再生中に自己破産できるのでしょか? その場合、また弁護士費用が多額にかかりますよね?

  • 自己破産 個人再生について

    自己破産、個人再生について質問お願いします。 現在、クレジットやカードローンなど三社から350万円ほど借金があります。毎月返済だけで七万円以上あります。去年の年末に仕事をやめてしまい、現在失業保険をもらっています。家賃などのし払いも携帯の支払いもあり失業保険だけでは生活できず悪いこととはわかりながらこっそりバイト...

  • 個人再生?自己破産?

    自己破産と個人再生の違いを教えてください。デメリットなど大きな違いがあれば。 持ち家、資産、貯金が全くなければ、やはり自己破産の方が正しいですか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

自己破産に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

イチオシの弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。