自己破産前の自動車売却について

公開日: 相談日:2016年07月03日
  • 1弁護士
  • 2回答

現在、病気失業中で再就職の目処が立たず、自己破産を考えています。

自動車を所有していますが、来月8月に車検とローンの残価据置一括支払い80万円が必要で、
お金が工面できないため売却を考えています。中古車業者の査定は160万円でした。
売却した場合自動車ローンの残債を一括返済し、差引80万を受取る形になると思います。
受取った80万円は破産後再就職までの当面の生活費や弁護士費用にあてたいと考えています。
そこで質問ですが、

1.この場合、自己破産が認められない等、悪影響はありますか?
2.受取った80万円は自己破産しても手元に残せるでしょうか。裁判所に渡すことになりますか?
3.売却せずに維持するには80万円+車検費用が必要になりますが、それでも自己破産予定なら
  売却しないほうがいいのでしょうか?

465770さんの相談

回答タイムライン

  • 相談者 465770さん

    タッチして回答を見る

    回答ありがとうございます。

    自己破産を決断して弁護士に依頼するのは数ヵ月先になると思います。
    まだ、自己破産するかどうか就職活動等模索中の状態ですので、
    弁護士に相談等一切せず、自分で売ってしまいたいのですが、下記2点が
    気になっています。

    1.後々、自己破産を決断して手続きをした際に問題になりますか?
    2.売却金を生活費等に使い、手元から無くなっても問題ないでしょうか?

  • 弁護士ランキング
    佐賀県1位

    大和 幸四郎 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    タッチして回答を見る

    > 1.後々、自己破産を決断して手続きをした際に問題になりますか?
    @破産直前の行為なので問題にはなるでしょう。

    > 2.売却金を生活費等に使い、手元から無くなっても問題ないでしょうか?
    @裁判所からの問い合わせ等ありますので、何にいくら使ったかは記録されておいた方が良いでしょう。

    今のうちから弁護士に委任しておいた方が良いと思います。
    生兵法は怪我のもとといいますから。免責を受けられなくなったらそれこそ大変と思います。
    ちゃんとあなた様の利益のために行動してくれると思います。

この投稿は、2016年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから