弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

自己破産 : 自己破産の条件と注意点などお悩み対処法

自己破産における資格制限

はじめまして。
現在会社員のものです。

この度転職を考えておりますが、現在自己破産の申し込み中に付き、免責は7月下旬頃と弁護士に言われました。

つきまして、復権になっていない状況で、合同会社の社員に転職は可能でしょうか。

ネットで調べたところ持ち分会社は、免責が確定するまで制限がかかってしまうとありました。

非常に興味のある会社でしたので、面接を受けてみたいと思いますが、免責が確定するまで控えたほうが宜しいでしょうか。

ちなみに免責は順当に進めば、7月中旬頃になると担当の弁護士から話しを受けました。

お手数ですが、ご回答の程宜しくお願い致します。
「社員」というのは、役員等ではなく、その会社に雇用され勤務する「従業員」の意味でしょうか?
面接を受けてということからはそのように思えますが。
もし、そういう意味での社員であれば、免責決定前でも、まったく問題は無いと思います。
つきまして、復権になっていない状況で、合同会社の社員に転職は可能でしょうか。

特に破産したから合同会社の社員になれないという制限はないと思います。
破産をすると退社原因にはなっていますが、退社原因にしないこともできますし、これから社員になる場合は問題にならないと思います。
弁護士 岡本様


お世話になります。

早速のご回答、誠にありがとうございます。

説明不足で申し訳ございません。

持ち分会社(合同会社)の求人は、「役員」ではなく、「正社員」になります。

ネットで確認したところ資格制限に合同会社の社員も資格制限の適用範囲と記載がございましたので、
今回ご相談させて頂きました。

つまり「役員」ではなく、役職なしの「正社員」であれば採用は問題ないという認識で宜しいでしょうか。
問題ないという認識でよろしいと思います。 ここにいう社員(合同会社の社員)とは出資して経営する者を言うので単なる従業員とは異なります。社員の言葉の内容・意味が違うということです。 会社法の世界でいう「社員」は、会社に出資する人を指します。言うならば、会社の所有者のようなものです。
日常用語で「社員」というと、その会社で雇用されて働いている人のことを言うので、法律用語と日常用語が別の意味で使われている一例ですね。

まぎらわしいですが、破産手続中でも、会社に勤めて働くことは、まったく問題ありません。
むしろ、生活の立て直しと人生の再スタートのために、ぜひ頑張ってください。
ご丁寧な回答、誠にありがとうございました。

やはり無知は不安を呼び起こし、自信が奪われていきます。

岡本様を初め、貴重なご意見・ご回答、誠にありがとうございました。

皆様のご指導で応募するに至りました。

改めてありがとうございました。

b4_c80eさん
2016年05月19日 02時53分

みんなの回答

岡本 卓大
岡本 卓大 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう

2016年05月19日 03時22分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
ありがとう

2016年05月19日 03時26分

b4_c80e さん (質問者)

2016年05月19日 03時31分

岡本 卓大
岡本 卓大 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう

2016年05月19日 03時33分

矢形 幸之助
矢形 幸之助 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県6 借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう

2016年05月19日 11時37分

岡本 卓大
岡本 卓大 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう

2016年05月20日 22時52分

b4_c80e さん (質問者)

2016年05月21日 05時49分

この投稿は、2016年05月19日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「自己破産」は戸籍に載る?年金がもらえない?よくある勘違い5パターン

「自己破産をしたら戸籍に載る?」「選挙権がなくなる?」ーー。借金がほぼ帳消しになる、という大きなメリットがある分、影響力も大きく感じる「自己...

この相談に近い法律相談

  • 自己破産から免責までの制限等

    自己破産について質問します、現状をまずは話します、去年12月生活保護が認められました 生活保護申請に同行してくれた弁護士会からのあっせんで連絡下さった弁護士さんに自己破産をすすめられて裁判所への資料準備中、ところがこの弁護士さんが最後まで面倒みてくれるのかと思っていたら申請後裁判所から専任された破産管財人の弁護...

  • 職業制限 自己破産

    自己破産した場合、職業制限があるとの事ですが、仮に生命保険募集人になってから自己破産した場合、退職しなければいけないのでしょうか? また、それは法律で定められているものなのでしょうか?生命保険会社側のほうで、勤めて構わないと言われれば勤めていいものなのでしょうか? 教えて下さい。 宜しくお願い致します。

  • もし自己破産した場合の資格制限について質問です

    今は事情があって自己破産もできないですが、自己破産した場合資格制限があるようですが、いつ頃から資格制限がなくなるのでしょうか? 採用の際に過去に自己破産した場合は会社側にて調べられてしまいますか? ご回答よろしくお願い致します

  • 免責制限期間について

    単純な質問で済みません。 ちょっと疑問に思いましたので質問させて頂きました。 自己破産の免責制限期間2012年に7年に短縮されたそうですが、 これが適用される自己破産者は2012年にこの法律が施行された後に自己破産した人で、 それ以前に自己破産した人はこれまで通りの10年が適用されるのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 免責後の行動、制限について

    昨日、自己破産手続きが終わり、免責の許可もいただきました。 そんな、矢先、信販会社に勤めている友人からクレジットカードを作ってくれと頼まれました。 自己破産をしたばかりだと説明しましたが申込実績が必要なのでとりあえずダメ元で申込をお願いされました。 免責許可後、一ヶ月も経たない内にクレジットの申込をして免責許可...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

自己破産に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

自己破産の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。