破産手続開始決定後に生じた債権の回収について

しばらく取引がなかった債務者と久しぶりに取引を行ったところ、4か月前に破産(破産手続開始決定)していたことがわかりました。この債権は、破産手続開始決定後の原因に基づいた請求権ですが、請求可能でしょうか。可能である場合、破産法の根拠となる条文はどのあたりになりますでしょうか。また、可能である場合、まずは管財人に連絡を取り必要であれば代理人弁護士を通じて債務者本人に請求する流れになりますでしょうか。訴訟上の請求は可能でしょうか。債務者は法人ですが、代表者個人との不真正連帯債務とするのは難しいでしょうか。
2016年02月03日 15時40分

みんなの回答

川面 武
川面 武 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都9
ベストアンサー
ありがとう
> しばらく取引がなかった債務者と久しぶりに取引を行ったところ、4か月前に破産(破産手続開始決定)していたことがわかりました。①この債権は、破産手続開始決定後の原因に基づいた請求権ですが、請求可能でしょうか。②可能である場合、破産法の根拠となる条文はどのあたりになりますでしょうか。③また、可能である場合、まずは管財人に連絡を取り必要であれば代理人弁護士を通じて債務者本人に請求する流れになりますでしょうか。④訴訟上の請求は可能でしょうか。⑤債務者は法人ですが、代表者個人との不真正連帯債務とするのは難しいでしょうか。

①,②は(自然人を想定した)一般論として回答します。
①請求可能です。
②破産法2条5項,100条1項(の反対解釈)

③以下 
具体的にはどのような「取引」をされたのでしょうか。「取引」の具体的内容(双方の履行の程度を含む。)を記載して質問してください。

法人には自由財産がないため,法人が,破産手続き開始決定後にした法律行為は,全て「破産財団に属する財産に関してした法律行為」であり,破産手続きの関係においては,その効力を主張することができません(破産法47条)。その後の規律は破産法47条から61条までなどの定めによることになります。

2016年02月04日 18時17分

この投稿は、2016年02月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「自己破産」は戸籍に載る?年金がもらえない?よくある勘違い5パターン

「自己破産をしたら戸籍に載る?」「選挙権がなくなる?」ーー。借金がほぼ帳消しになる、という大きなメリットがある分、影響力も大きく感じる「自己...

自己破産した元配偶者から養育費を支払ってもらえる?

元配偶者から「自己破産をしたので養育費が支払えない」と言われた場合、どうすればよいのでしょうか。これまでの滞納分や将来の養育費は請求できなく...

この相談に近い法律相談

  • 破産開始決定後の債権回収は誰に通知して請求するのか?

    破産管財事件の開始決定後の債権があります。 代理人は受任時の受任通知には債務者への請求はしないようにとの記載がありますが、 開始決定後は破産管財人に連絡せよと言われます。 破産管財人は破産開始決定後は破産債権以外は関係ない、管財人の業務ではないと言われます。 1.どのような方法で請求すれば良いのでしょうか? 2.債...

  • 財産開示請求について。〆通骸圓?

    個人間の貸金訴訟で一括支払い請求の判決がでました。 現在の債権額は約320万円です。 債務者からは、連絡は勿論、返済はありませんので、 強制執行を行いますが、おそらく空振と思います。 資力の関係で、弁護士に依頼することが困難なので、 自分自身で財産開示請求を行ってみようかと思っているのですが、 ?〆通骸圓?財産目録...

  • 財産開示請求

    財産開示請求は、債務者から債権を回収するためには、効果的なのでしょうか。教えて下さい。

  • 『財産開示手続き』で回収できなかった債務は、引き続き債務者に要求することができますか?

    『財産開示手続き』について、例えば、債務者が財産開示して、それを回収し、それでも、債権の一部が残ってしまった場合は、引き続き、債務者に対して返済する様に請求する事は可能でしょうか?

  • 決算書閲覧請求

    以下のような状況です。 ?弊社の株主A(個人、非常勤取締役、株式10%程保有)が破産 ?弊社はそのAに借入があります。但し、弊社は債務超過で返済する資金がありません。 ?その破産管財人から、貸借対照表、損益計算書、付属明細のコピーを提出を請求されています。 *弊社が債務超過であるなら、破産管財人いわく、裁判所に債権回収不...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

自己破産に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

自己破産の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。