弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

個人事業主の自己破産について

初めて投稿します。
今、自己破産しようと悩んでいますが心配なことがあります。
パートの収入以外に、副業での収入が数千円あります。これは 、個人事業主の登録をして、ネットワークビジネスをやっておりまして、知りあいなどに商品を紹介し継続的に買ってもらうことにより配当金みたいなものが入ってます。
売掛金や買掛金とかもないし、店舗などがあるわけでもなく資産もありません。

ここで、質問なんですがこの場合、月の収入は1万円にも満たないですが個人事業主ってことで、管財人がつくこともあるのでしょうか?

破産申立するとなると、このネットワークビジネスは辞めないと免責おりないとか同時廃止は無理とかあるのでしょうか?

ご回答よろしくお願いします。
あっきーさん
2015年10月25日 17時10分

みんなの回答

大熊 裕司
大熊 裕司 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
特に多額の副収入でなければ、管財人が付くことはないと思います。
収入の経緯について、きちんと説明できるかが重要だと思います。

2015年10月25日 17時50分

あっきー さん (質問者)
大熊先生、ご回答ありかとうございました。

よければもう一つ質問なんですが、破産前申立後でも少しの収入があれば助かるので、個人事業主廃業せずに続けることは可能でしょうか?

2015年10月25日 17時56分

大熊 裕司
大熊 裕司 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
副業を継続すること自体は問題ありません。

2015年10月26日 09時36分

あっきー さん (質問者)
大熊先生ありかとうございました。
安心しました。

2015年10月26日 09時59分

太田 哲郎 弁護士
ありがとう
個人事業主の登録がどのようなものかにもよると思いますが、要は、事業と生活との区別が明確ではない場合には、管財事件となる可能性があります。まずは、同時廃止で申し立ててみて、裁判所から管財事件とする指示があってから対応することも、一法です。

2015年10月26日 12時54分

あっきー さん (質問者)
太田先生、ご回答ありかとうございました。
1度、弁護士さんに相談してみます。

2015年10月26日 14時26分

この投稿は、2015年10月25日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「自己破産」は戸籍に載る?年金がもらえない?よくある勘違い5パターン

「自己破産をしたら戸籍に載る?」「選挙権がなくなる?」ーー。借金がほぼ帳消しになる、という大きなメリットがある分、影響力も大きく感じる「自己...

「自己破産して養育費を払えない」…滞納した分を支払ってもらえる?

元配偶者から「自己破産をしたので養育費が支払えない」と言われた場合、どうすればよいのでしょうか。それまでの滞納分や将来の養育費は請求できなく...

この相談に近い法律相談

  • 個人事業主です。

    個人民事再生通りの返済が出来ない状態にあり、今回、自己破産を考えております。 白色申告をしており、課税対象となる営業収益760万円です。 ご質問させて頂きたい内容は、商業帳簿をパソコンソフトのエクセルで作成しておりましたが、パソコンの不具合でデーターがなくなりました。 売掛金の資料は毎日ご注文を頂くと記入しており...

  • 自己破産について。7年たつとブラックリストから消えるのですか?

    私は、平成16年の1月に自己破産をしましたが、ちょうど7年経ちましたが 車のローンなど組める可能性はありますか?7年たつとブラックリストから消えるのですか?でも今現在、ヤミ金からのDMや、090金融からの勧誘が絶えません。こういう業者から勧誘があるのは やはりまだブラックなのでしょうか?今現在、普通の借り入れ方法でサラ金から...

  • 自己破産したかどうか分かる?

    自己破産って言わなければ誰にも分かりませんか? 企業がその人が自己破産したかどうか調べたりできてしまうんですか? クレジットカードの新規作成や、借り入れをしようとしても、ブラックリストに名前が載ってるのでそらは破産者だとすぐ分かりますが… また、官報や破産者名簿を企業や一般の人が見たりできるんでしょうか?

  • 任意売却後の残債について

    任意売却後、自己破産か少額でも残債を返済していくかで悩んでおります。 私は現在不動産を任意売却中なのですが、売却後の残債についてどのように対応しようか考えあぐねています。 失業中で収入も無く、当初は自己破産を考えていたのですが、一般的に少額でも返済に応じてくれるという話を聞き、1ヶ月あたり5千円ぐらいの返済...

  • 自己破産と名義上の財産

    Aさんは現在約500万円の債務がありますが、月収は20万以下で、 到底、返済ができないので、自己破産を考えています。 プラスの資産はありませんし、弁護士費用もぎりぎりですので、 同時廃止という手数料の安い方法での破産を考えています。 債務ができた理由は、事業の失敗と生活費の補填です。 しかし、問題点が2つあり...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

自己破産に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

自己破産の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。