奨学金 自己破産

公開日: 相談日:2015年02月18日
  • 2弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

短大に行くために日本学生支援機構より毎月10万を借り、返済している途中です。
今は経済的な事情により返還猶予中なのですが、
自己破産を考えています。
同居している親には過去に旦那の親の借金問題などで迷惑をかけ、まだそれが残っていて(完済済みと思っていたのが何年もあとに残っていますという通知がきて高額な請求をされ、返済不可能)
自己破産すると口が避けても言えず、(旦那も一緒に暮らしている為)言えばきっとしこたま怒られた挙句追い出されるのが目に見えています。
奨学金の保証人に父がなっているのですが、
一括請求をされるのでしょうか?
どういう内容の通知が届き、
通知だけで今までのように分割で払えるのなら
奨学金の分は私がとも思っているのですが可能でしょうか?
絶対に親には知られたくないのです。

323684さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    岡山県2位

    川崎 政宏 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    タッチして回答を見る

    あなたが破産した場合、保証人に対して請求は必ず行くので、お父さんの保証債務をどう払っていくかを機構と交渉することになります。

    あなたが代わりに払うとしても、機構側はあなたが破産するとあなたには請求できませんから、あくまで保証人と話すことになります。

    知られずに済ませる方法はないので、どこかでお父さんに説明は必要と思います。

  • タッチして回答を見る

    破産をする場合は,全ての債務を支払うことができませんので,奨学金のみ支払うというのは無理です。
    むしろ,それをやってしまうと,破産手続が進められなくなります(つまり他の債権者からしたら,奨学金のみ特別扱いしていると思われるからです。)。

    破産をするという通知を全債権者に送りますが,そうした場合には,お父さんに請求がいくのは間違いなく,保証人であるお父さんに知られず破産をするということは不可能です。
    お父さんに対しては,一括請求がいく可能性が高く(契約書に主債務者が破産した場合の対応が書かれているかもしれません。),その場合に,お父さんが債権者と交渉して分割にしてもらえる可能生はあると思います。

    親御さんに知られたくなくて破産を回避するのか,怒られるとしても話をして,債務を全て清算するのか,一度検討される必要があると思います。

  • 相談者 323684さん

    タッチして回答を見る

    初めは自己破産は絶対にしたくないと思っていました。私も3人の子供の親ですので子供の顔を見ると自己破産をしようと考える自分に対して惨めで情けなくて恥ずかしい気持ちでいっぱいで、過去の自分をほんとに消し去りたい気分です。
    なので、親が破産しようとする娘を恥ずかしいと情けないと悲しい思いをさせてしまうのであれば、債務整理などをして払おうと思いました。
    けれど、実際には何万もの大金を継続して何年も払う自信がありません。
    親にばれずにというのは絶対に無理なことなのでしょうか?

  • 弁護士ランキング
    岡山県2位

    川崎 政宏 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    そうだったのですね。

    自己破産は決して恥ずかしいことではなく、背負いすぎた重い荷物におしつぶされる前に、いったん荷物を背から下ろして脇に置いて、生活を再スタートさせる仕組みです。

    まじめな方ほど悩みます。

    今回は、ご家庭の事情もあり、難航が予想されますが、お父さんが保証人になっている以上、お父さんに事情を説明して(お父様が機構と保証債務の履行につき交渉して、事実上あなたが負担していくとしても)理解してもらわざるを得ないと思います。

    猶予期間にも限界があると思いますし、さらに負債が大きくなるとより大変かと思いますので、どこかの時点で一緒に考えてもらった方がよいと思います。

  • 相談者 323684さん

    タッチして回答を見る

    優しい回答をありがとうございます。
    こうなってしまったのは自分の甘さや責任、過去はどうしても消せない失敗に対して今自分が出来ることはなんだろうと必死で考え悩んできました。私以外の兄姉はいい大学を出ていい就職先にも恵まれ、親にとって私は不甲斐ない娘と思うだろうな。子育てに失敗したと思うんだろうなと考えたら考えたしこ先に進む勇気が出ませんでした。けど、旦那からはこの失敗で学んだ事(先で役に立つかはわからんけど…

この投稿は、2015年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました