法人 廃業の際の残債務について

公開日: 相談日:2014年10月31日
  • 2弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

事業に失敗し廃業をしようと考えています。会社には既に社員はおらず、私一人で債務超過の状況です。
資本金1000万で累積債務は3000万強となり、資産はほぼゼロです。融資は政策金融公庫からで残債は1800万程度で既にリスケ済みで利子のみ(2.5万円程度)払ってきましたがそれさえも難しい状況で利子の支払いも11月から停止することを公庫に申し入れてはきました。廃業するかもしれないと公庫にも言ったところ、その場合は部署がかわる、一括弁済をかたちなりに要求するが支払いについては出来る範囲でになる可能性を示唆されました。私個人の債務としては寄宿舎を建てたときに借り入れが8000万ほどあり、返済は続けてます。これの毎月の返済と収入の差額は25万円程度があります。当該建物のたつ土地は母親名義で勿論、土地も抵当に入ってますし、すぐに土地建物を競売にかけても借金だけが残るかたちになるので公庫は競売の申し立ても私個人に対しても自己破産の申し立てはできないのではないかと考えてます。こういった場合、会社だけが廃業(倒産)し、私個人が利子+αを支払っていけば済むようなことになるのでしょうか?また、新たな借り入れは不可能であるので就職しようと思ってます。仮に私が働くことになり給与を得られた場合、手残りは公庫と相談しながら決定していくことになるのでしょうか。

294897さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士が同意
    2
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    競売をするかどうかは、債権者の判断ですから、何ともいえません。
    競売しても債権全額が回収できない状況でも、競売申立をされる可能性はあります。
    ただ、ご指摘のとおり、債権者が破産を申立てることは、あまりありません。

    なお、会社を破産させ、個人は自己破産を回避する、ということも確かにあり得ます。
    ただ、給料は、原則4分の1まで差し押さえられますし、今後の生活再建を考えると、自己破産という選択肢もあり得ると思います。

    複雑な状況ですので、一度弁護士に直接相談することをお勧めします。

  • 弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    前の国安弁護士の回答にもあるように、会社と代表者双方が破産するという方法が、相談者さんにとって、最も負担のない方法であると思われます。

    会社と代表者が同時に破産する場合、大阪では、裁判所や管財人に支払う金員は、片方だけの場合の1割り増し程度ですみます。一度弁護士に相談されることをおすすめします。

  • 相談者 294897さん

    タッチして回答を見る

    井野邊先生

    ご回答ありがとうございました。

    疑問に思うのは総収入の4分の1が公庫に差押えられる可能性があるのでしょうか?
    それとも所得でしょうか?
    私の場合、不動産所得が25万(税引き前)ほど月にあります。所得ですので銀行に元金と金利を支払った後です。 これが先々、どこまで続くかわかりませんが続く限りは公庫と話し合いながら金利+αの支払いを続けたほうが得策に思えるのです。
    給与を貰う立場となったとしても給与の差押えまで話し合いをしてる最中はするとは思えないのと、差押えをされてからでも自己破産手続きに向かうのは良いような気がしてます。

  • タッチして回答を見る

    賃料収入の場合で差押さえの対象となるのは、①賃借人が賃貸人に対し支払う賃貸人の賃料債権であり、差押の通知は賃借人にまず届き、基本的には賃借人は債権者(公庫)に対し、任意もしくは取立訴訟に基づいて賃料の全額を支払うことになります。また、②賃料が振り込まれる賃貸人の預金口座も差押さえの対象となり、これも差押時の預金口座の全額が差押えされます。
    差押が4分の1となるケースは、労働者の給料債権が典型で、賃料債権は該当しないのです。

  • 相談者 294897さん

    タッチして回答を見る

    國安先生 
    先ほどお礼のメールをしたつもりでしたがボタン押し間違えたのか反映されませんでしたので、改めてお礼申し上げます

  • 相談者 294897さん

    タッチして回答を見る

    賃料収入の差押えしたら固定資産税が払えなくなるので必然的に競売されることになりますね。
    ただ、会社の資産ではなく個人資産なので、私が公庫と話し合い金利+αを払ってるうちは差押えしないような気がいたします。
    代位弁済を公庫が保証人である私にいきなり求めてきたとしても訴訟をおこさないと無理ではないでしょうか?

    廃業しないで休眠状態のままリスケをし続ける前提ですが。
    金利だけなら3万に満たないですし、元金は余裕がある時のみ支払うなどすれば良いかなと。
    公庫への返済総額が15万を超えないようにすれば自己破産しなくとも賃料収入が続く限り、双方にとって得策なような気がいたします。
    一括貸ですし、東京オリンピックまでは賃料収入は現在と同様とは言えないにしろ、赤字にはならないと思います。

この投稿は、2014年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す