ベストアンサー

財産がなく給与収入のある債務者への債権回収

自営業を営んでいる際、客(個人)より支払われるべき2000万円が払われず、民事訴訟をしました。
結果は勝訴、相手は控訴しましたが棄却。判決は確定しました。約5年弱前のことです。

しかし相手は一切支払いません。
当時、強制執行すべく弁護士と諸々進めましたが、
相手方は無財産 (住居は賃貸、貯金などもない) ため、その弁護士は諦めてしまい終了した形です。
その後は債権者本人が、遠方の債務者まで何度も行って話しをしましたが効果はありませんでした。
この為、判決確定から今日現在で数年が経っており、まだ1円の支払いもされておりません。

債務者は働き、一定の収入があり、平均的な生活をしているようです。
サラリーを差し押さえ、毎月少しずつでも返済してもらいたいところです。
このような事はできないでしょうか。

債権者は、この2000万円が債務者から支払われなかった為、
現在、金融機関に約1500万円の借金がのこりました。
営んでいた事業は止めざるをえず、住まいも心ある方からの間借り、
結婚も諦めねばならない状況です。

債権者は自己破産を望んでおらず、債権回収しての借金返済を切望しております。

このような案件に力のある法律事務所、弁護士先生のアドバイスをお願い申し上げます。
相談者(256719)からの相談
2014年06月02日 15時10分

みんなの回答

齋藤 裕
齋藤 裕 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 新潟県1
弁護士が同意1
ありがとう
 こんにちは

 給料を差押え、原則として給料の4分の1相当額を毎月取り立てることができます

2014年06月02日 15時18分

弁護士A
ありがとう
勤務先を調べるしかないですね。
尾行調査すればわかることが多いでしょう。

2014年06月02日 15時18分

相談者(256719)
齋藤 先生
弁護士A先生

早速のご指導、心より御礼申し上げます。有難うございます。実は私、債権者との結婚を考えているものです。本人でないため、詳細不明な部分ありますが、何卒宜しくお願い致します。

1)債務者の勤務先を判明させる行為は「探偵に依頼」し「報告書」等、正式な書類を残す必要がありますか?それとも、素人が尾行して判明させるだけでも構いませんか?

2)「給与を毎月取り立てる」とありましたが、取立て方法はどのような方法が一般的ですか?勤務先会社にもこの事実を知っていただき、給与から自動的に債権者へ振り込まれてくる事が理想的です。債権者と債務者の居住地は300km以上離れており、都度取立てに行く事が難しい事、また、債務者任せにすると今までの5年間の様子から支払われないのは目に見えています。

3)実際に「給与取立て」の措置に踏み切る際、弁護士先生に依頼するほうが良いでしょうか?司法書士先生でも構わないですか?また、債権者本人が判決文書をもって債務者の勤務先に話しに行って、まとまれば先生方に頼まなくても良い範囲なのでしょうか。

債権者は、この債務者の未払い分の借金返済で、間借りまでしており(私とは別に暮らしています)金融機関からの取り立ても激しく、これ以上の出費はなるべく避けたい状況です。

何卒、更なるご指導宜しくお願い申し上げます。

2014年06月03日 07時34分

相談者(256719)
また債務者は、判決確定した後も、支払う意思が全く無い様子です。究極的な考えですが「刑事告発」は可能でしょうか。無賃乗車や無銭飲食と同じように思われます。

目的としては「刑事告訴」を匂わせて、債務者にもっと真剣に支払いを考えさせる事です。

事の詳細としては、「イベント参加費、イベントでの材料費の未払い」です。他の参加者は皆さん支払って参加していました。中にはマスコミ関係者で債権者との業務提携(広告宣伝)により、無料で参加している者もおりました。しかし債務者は一般参加者でした。しかし債務者は「自分も特別な参加者で一般客ではない」と思っていたようです。この為発生した揉め事です。

2014年06月03日 07時46分

齋藤 裕
齋藤 裕 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 新潟県1
ベストアンサー
ありがとう
 おはようございます

 勤務先さえ判明すれば一般の人の尾行だけで大丈夫です

 差押えをすれば、毎月勤務先が債権者に振り込みをすることになります

 司法書士ではなく弁護士に依頼すべきだと思います

 最初からだまし取ろうとしていたのでなければ、刑事事件にはなりません 

2014年06月03日 07時58分

相談者(256719)
齋藤 先生

おはようございます、再度のご指導誠に有難うございます。
早速、私が債務者の勤務先を探ろうと思います。

*弁護士先生は「債権者に近い事務所」「債務者に近い事務所」どちらを選ぶべきでしょうか。またそれは何故ですか。

何度も済みません、宜しくお願い申し上げます。

2014年06月03日 10時09分

齋藤 裕
齋藤 裕 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 新潟県1
ありがとう
 こんにちは

 どちらでもよいと思いますが、打ち合わせの便宜を考えれば債権者に近い方だと思います

2014年06月03日 10時14分

この投稿は、2014年06月02日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では14,920名の弁護士から、「自己破産に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

「自己破産」は戸籍に載る?年金がもらえない?よくある勘違い5パターン

「自己破産をしたら戸籍に載る?」「選挙権がなくなる?」ーー。借金がほぼ帳消しになる、という大きなメリットがある分、影響力も大きく感じる「自己...

この相談に近い法律相談

  • 担保不動産競売のお知らせ

    競売不動産のお知らせという通知が住宅債権管理回収機構から届きました。まだ3~4カ月は猶予があるようです。元金の残りが9052022円ですが損害金、利息を併せて現在10518735円の支払いをしなければなりません。親戚や親などにお金を借りればなんとか元金くらいは用意できそうですが元金だけ支払えれば競売を回避できま...

  • 不動産担保の他行での借り換えの義務は発生?

    夫が不動産担保(1750万の根抵当)で5年程滞納、(昨年も少しは返してます)550万(延滞元金・利息・損害金)持参し競売を取下して貰いましたが、どんどん条件が厳しくなり次に保証人を妻・長男・次男を付けたのですが、銀行の決算9月までに他行で息子名義ででも借りて残金742万支払う様言われたのですが、なかなか難しく、...

  • 破産申し立て前の売掛債権の回収(売掛目的動産に対する先取特権等)

    取引先会社が破産申し立て予定であると代理人弁護士から受任通知が来た場合。 機械の売掛金債権を有している債権者会社は、破産予定会社にある機械に動産先取特権を有しますが、 破産申し立て前であっても、破産予定会社の承諾を得て、機械を引き上げて換価して債権回収することは問題ないでしょうか。 機械の売却代金は約500万円...

  • 債務不存在確認請求

    私は債務者に支払督促の仮執行宣言で(平成23年8月17日)銀行に差し押さえをして、50万ほど受け取りました。(債務額は利息・遅延損害金で270万程)。又、債務者から直接100万ほどの返済がありました。ところが、債務者から平成25年7月16日に上記の訴状が届きました。私は借用書を根拠に支払督促で法的に差し押さえしたの...

  • 債権執行後の破産手続開始について

    いつもお世話になっております。 去年、売掛金(30万円)支払請求訴訟に勝訴し、第三債務者(債務者に対して、毎月ロイヤリティの支払い債務を負っています。月10万円くらいとのこと)に対して債権執行を行い、12/1付にて全額を回収しました。 (期間は、平成26年9月1日から平成27年2月28日までの半年間に発生した...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

自己破産の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。