破産の一般債権・財団債権

不動産を賃貸しています。借主から破産予定との通知がきました。これまでも賃料の延滞が続いており、保証金ではすでに足りない状態です。借主はすぐに明渡すと言っていましたが、引っ越し先がなかなかきまらないとの理由でずるずる明渡を引き延ばしています。破産の申立もまだしていないようです。
破産前の賃料は一般債権になるが、破産後は財産債権の扱いで支払ってもらえると理解していますが、このように徒に賃料の延滞額が増えても、一般債権としてしか取り扱ってもらえないのでしょうか?延滞額が増えていくのを指を加えてみているしかないのでしょうか。
2014年02月06日 12時10分

みんなの回答

池田 伸之
池田 伸之 弁護士
ありがとう
破産法上では、破産手続き開始決定の前後で、ご指摘のように、一般債権、財団債権という分け方をします。財団債権は、一般債権に優先しますが、財団が形成されなければ、財団債権の支払いさえも出来ないというということになります。
完全にゴミも含めて撤去して明け渡してもらうのが、筋ですが、そのことにこだわって、長期化するとかえって損害が拡大する(ずるずる賃料が一般債権化する。)こともあります。資産価値のあるような動産類がなければ、帳簿類パソコンなど破産事件処理に必要なものだけ搬出し、そのままの状態で出て行ってもらうことが、解決が早道で、損害も少なくて済む場合もありますので、そういうことも検討対象にされたらどうでしょうか。

2014年02月06日 12時59分

相談者
早速ありがとうございます。
借主は事業者で、産業廃棄物も残存しているので、こちらで処分するのが難しい状況なのです。
返済できないことがわかっていて、破産直前に借入をすると詐欺になると聞きましたが、このようなケースは許されるものなのでしょうか

2014年02月06日 13時10分

池田 伸之
池田 伸之 弁護士
ありがとう
破産の準備をしながら借入をすれば、詐欺罪が成立しますが、明け渡しをしないまま賃料債務をずるずるためていく行為は、積極的に何かをしてあなたに損害を与えているわけではないので、詐欺罪に問うことは難しいですね。

2014年02月06日 13時20分

相談者
なるほど。よくわかりました。ありがとうございます。

2014年02月06日 13時40分

この投稿は、2014年02月06日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「自己破産」は戸籍に載る?年金がもらえない?よくある勘違い5パターン

「自己破産をしたら戸籍に載る?」「選挙権がなくなる?」ーー。借金がほぼ帳消しになる、という大きなメリットがある分、影響力も大きく感じる「自己...

自己破産した元配偶者から養育費を支払ってもらえる?

元配偶者から「自己破産をしたので養育費が支払えない」と言われた場合、どうすればよいのでしょうか。これまでの滞納分や将来の養育費は請求できなく...

この相談に近い法律相談

  • 破産申立前の過去にお金を借りて返済したら

    破産申立準備中です。 無職主婦財産貯金なしです。 消費者金融4社に10年近く返済できず破産申立をします。 コープ宅配も未納があり債権回収会社に分割少額で良いと言われ2回払いました。弁護士受任後は支払いしていません。 過去一年前にどうしてもお金が足りなく従兄弟にお金を借りました。15万です。5万だけは児童手当から返し残り...

  • 未払賃金制度を活用した時の残りの債権回収について

    知人が雇用されていた会社が倒産し 破産管財人が清算の手続きを 実施中です 知人の未払給与や退職金は 未払賃金制度を活用し80%までは 回収できるようですが 残りの20%を 今後 回収するには 通常の債権と同じように 定められ た期限までに 申請しないと 債権としても 扱われないの でしょうか 全てを 会社 任せや 破産管...

  • 自己破産の非免責債権として認められるか?

     アパートに住んでいた賃借人が、家賃を2年以上滞納した上、夜逃げをしました。先日、裁判所から、自己破産と思われますが、「破産手続きを開始し、同時に破産手続きを終了させる破産廃止の決定をする」との連絡がありました。とりあえず、意見書は出そうと思いますが、自己破産は避けられないと思っています。ただ、非免責債権という...

  • 破産会社に対する債権

    破産財団の中の債権の削除請求に関して、早速、丁寧な御回答をいただき、誠にありがとうございます。これに関連して再度恐縮ですが、以下の事項について御教示願えれば幸いです。 相殺しようとする土地の賃貸料は、年1回受け取っていますが、土地の賃貸借契約では前払いか、後払いか、明記されていません。 当方は、民法の614条で後...

  • 賃貸人からの破産債権届出書の書き方について

    賃貸借契約の貸主です。 賃貸借契約継続中に、賃借人が破産手続を開始しました。 賃料について、破産手続開始までは、受領しています。破産手続開始後からは、賃料は払われていない状態です。 破産管財人が選任されており、破産債権届出書が届きました。 破産手続開始から、数ヶ月たちますが、破産管財人からは賃貸借契約の存続、解...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

自己破産に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

自己破産の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。