破産管財人の不正。いかがなものでしょうか?

債権者申立てにより破産開始決定を受けました。
ある会社(A社)に対して、2億円の貸金(債権)を保有しています。
銀行振込で送金しておりますので証拠は十分です。
破産手続き処理の終盤にさしかかり、A社から損害賠償請求権なる申請が管財人に出されました。その請求額は1億円です。
私は、もともとA社の代表取締役でした。役員会で解任される直前に、それまでA社に貸してあった3億円のうち1億円を返金してもらいました。そのことを請求しているのだと思います。
これを受けて信じられないことを管財人が言い出したのです。
その内容は、A社に対する債権(2億円)は放棄し、損害賠償請求
の1億円は認めると言うのです。債権(2億円)の放棄は既に裁判所へ申請済みです。
私は、管財人の判断が全く理解できません。特定の債権者に対してのみ優遇するのは、債権者平等の原則を無視した暴挙であると思います。A社の代理人たちから執拗かつ頻繁に圧力をうけ公平・公正な立場で債権者の権利を守ることを忘れたといわざるをえません。
2億円の債権から1億円の債務を差し引いたとしてもまだ1億円の債権が存在します。A社に対して債権の換価を全くせず、取り立てや差し押さえ等の行動を一切おこしません。
いかがなものでしょうか?民主主義、法治国家の日本においてこのような暴挙が許されるのでしょうか?教えて下さい。
2013年10月15日 09時54分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
詳しいご事情はよく分かりませんが 破産者と管財人とで法的見解が大きく食い違うことはよくあります。法的な問題をチェックするのが 破産裁判所の役目ですので 破産裁判所からそのような 多額の債権の放棄許可が認められたというのであれば それにたる証拠があったのだと推察されます。

管財人の解任請求が可能ですが 裁判所の許可のもと進めているとすれば 解任あるいは管財人に対する損害賠償請求は難しいのではないでしょうか。

許可内容を破産裁判所で閲覧されてはいかがでしょう。

2013年10月15日 10時16分

相談者
御回答ありがとうございました。
管財人の申請に対して裁判所はまだ許可を出しておりません。
1ヶ月半の期間猶予をもらい、意見書を提出する予定です。
管財人の解任は可能でしょうか?新しい管財人を任命してもらい再度破産管財手続きをしてもらうといったことは、破産者の立場でもできるのでしょうか?
教えて下さい。

2013年10月15日 10時55分

この投稿は、2013年10月15日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「自己破産」は戸籍に載る?年金がもらえない?よくある勘違い5パターン

「自己破産をしたら戸籍に載る?」「選挙権がなくなる?」ーー。借金がほぼ帳消しになる、という大きなメリットがある分、影響力も大きく感じる「自己...

この相談に近い法律相談

  • 破産債権について質問します。

    50万円の解決金を、破産債権として、届けられています。この度、按分して、1万円のみ、配当されるとの連絡がきました。残りの49万円は、そのあと、勤務先から給与差押したらよいのでしょうか。それとも廃止されて、請求権が消滅するのでしょうか。 解決金の約束を錯誤により無効主張する場合、1万円は、いまのうちに、受け取らな...

  • 不動産の競売による抵当権者への配当・弁済

    不動産に、第1順位で債権者A・債権額1000万円の抵当権、第2順位で債権者B・債権額500万円の抵当権が設定してある場合です。 それぞれ、現在の債権額は上記記載の債権額から減っていないとしまして、不動産を競売した場合に不動産が500万円で売れた場合は、Aが競売により売却した代金から500万円の弁済をうけ、Bは...

  • 供託金還付請求における仮差押について

    私はAさんに金銭消費貸借契約で不動産を担保に融資しました。返済が無くAさんこと債務者兼所有者が他界し誰も相続せず相続財産管理人を設定し根抵当権を行使して競売配当を受けました。落札金は4500万で債権は4500万あったのですが、極度額が4100万だった為、4100万しか受領できませんでした。残りの配当金に対しては...

  • 当方が債権者で相手方に破産された。管財人から否認権を主張された場合当方の債権の残額との相殺できる?

    当方が債権者で勝訴判決取得(400万)後、強制執行により300万回収したのですが、おそらく破産管財人から否認権の主張をされると予想しております。この場合、未回収債権の100万円分については、相殺の主張ができるのでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 破産管財人の債権放棄について

    6年前に取引のあったAという会社が倒産しました。 弊社はその会社から倒産時点で3000万円の借入金および3000万円の買掛金がありました。 その後、破産管財人から支払の請求がきたのですが弊社は債務超過状態にありとても支払えないとの 回答をし3期分の決算書を送りました。 それから管財人からは一切の連絡がありません...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

自己破産に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

自己破産の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。