自己破産免責不可になりますか?

公開日: 相談日:2013年09月11日
  • 4弁護士
  • 5回答
ベストアンサー

飲食店開業後、間も無く、体調をくずし、営業できなくなり、
ローン中の車を売却し、閉店の処理をしました。
信用保証協会200万、銀行融資40万、消費者金融80万の債務があり、車の残債は、180万です。
退去後、よく調べたら、免責不可になる可能性がありそうです。
ローン会社が引き上げにきても車両はない状態です。
借金、車とも、保証人はいません。
どのような対処ができるでしょうか?
個人事業主です。
なんとか、知恵をお貸し下さい。

200258さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士 A

    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    車検証の記載はどうなっていたのでしょうか?車の売買状況にもよりますが,免責不許可事由があったとしても,記載の負債額程度であれば,裁判所の裁量免責が認められる可能性は十分にあると思います。

  • タッチして回答を見る

    東京地裁や立川支部の運用ですと、免責不許可事由があっても、破産管財人をつけてその手続きに協力するということで、まず、免責が出ます。
    免責が出ないのは、ありていにいえば、逃亡とか、ひどい財産隠しが発覚する、ひどい嘘をついていたことがばれるようなときです。統計的にも免責が不許可になることはほとんどないようです。
    なお、破産管財人がつくと、予納金が20万円余計にかかります。東京地裁の運用ですと、5万円ずつの4回分割が可能ですが、立川支部では、管財人の予納金が収められないと破産開始決定が出ない、と言われました。
    他の地方の裁判所の運用はわかりませんが、同様の扱いのところが多いのではないでしょうか。

  • 相談者 200258さん

    タッチして回答を見る

    ありがとうございます。

    賃貸店舗復旧と、スケルトンに戻す費用と、残りは弁護士費用にあてるつもりです。

  • 相談者 200258さん

    タッチして回答を見る

    賃貸借をしたまま、破産手続きを開始するということでしょうか?
    物件の賃貸料などもかかってきます。
    賃貸借のみ保証人がいますので、保証人には迷惑をかけないように、物件をスケルトンにすることを優先しなければとの想いでしたが、これも問題になりますか?

  • 井野邊 陽 弁護士

    タッチして回答を見る

    大阪地裁の運用では,事業用の賃貸借物件を明渡した後,破産を申し立てることが,いわば望ましいとされている向きがあります。ですが,明け渡しががなくても,債権者100名未満の場合,おおむね,明渡の見積書を裁判所に提出した上で最低予納金200,000円(費用相当額を除く)に見積もり費用額を上乗せした額か予納金50万円(明渡未了物件が1の場合)を用意できるならば,破産開始決定がなされ,破産管財人が明け渡しなどを行う,という運用がなされています。管財人による明け渡し後,敷金などの精算によっても,賃貸人に対する債務が残存すれば,賃貸人は保証人さんへ残存債務の履行を求めることになります。保証人さんに対しては,人的関係から配慮したいお気持ちは理解できますが,破産にあたっては他の債権者との平等が要請されますので,でんのーさんから保証人さんへの支払などについては控える必要があります。スケルトンまで原状回復する必要があるか否かは,賃貸借契約の内容にかかわりますし,破産については迅速な対応が必要ですので,速やかに,弁護士に依頼されることをおすすめします。

  • 相談者 200258さん

    タッチして回答を見る

    重ねがさね申し訳ありません。
    管財人がついたとして、既に店舗がなく、財産もない場合は、管財人の弁護士の方は、何を調べるのでしょうか?
    隠すくらいの複雑な状況もなく、全てを事業につぎ込んだ為、素人な表現で申し訳ないのですが、
    負債以外何もない状態の場合、具体的にはどうなるのでしょうか?
    ちなみに、自宅は賃貸で現在無職で、残務処理をしている状態です。

  • 弁護士 A

    タッチして回答を見る

    個人で,換価する財産もなく,免責不許可事由もない場合には,同時廃止事件として,管財人がつかない破産手続きを選択することが原則として可能です。破産申し立て前に,弁護士から債権者に対し受任通知をして,以後は,債権者に対し支払いをすることが不可となりますので,返済に追い立てられることはなくなります。同時廃止事件でも弁護士費用は必要ですが(裁判所に支払う費用も大阪では2万円強必要です),生活保護を受けるなどして,皆さんなんとか,支払っていただいております。

  • 相談者 200258さん

    タッチして回答を見る

    不動産屋や大家との話が長くなり、
    店舗内をほぼ空にして掃除や、処分をしたものの、まだ契約自体は解除しておらず、店舗はほとんど明け渡せる状態までなんとかこぎつけ、自己破産の相談をするとなると、その後の契約解除などは、弁護士さんを通して行えるのでしょうか?
    不動産屋さんにも、契約時融通をきかせていただいた為、空に近い状態までは仕上げておきたいと思っています。
    この場合はやはり、管財事件となるのでしょうか?

この投稿は、2013年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから