債務者の自己破産免責について

先日、債務者に自己破産をされました。債務者は所有していた住宅を任意売却し、売買契約をしていましたが、この売買契約に財産隠ぺいの疑いがあります。念のため裁判所に【意見書】を提出しましたが、受理されず、裁判所から免責許可という書類が届きました。この場合、自己破産した債務者と、この債務者から住宅を購入した相手に対して、阻害行為として民事訴訟を起こす事は可能(正当)でしょうか? どうしても、自己破産のために、財産隠ぺいによる売買契約の疑いがはれません。
疑い理由は
1.破産申立1ヶ月前に売買契約をしている。
2.その後も債務者が売却した自宅に居住している。
3.仲介不動産業者は金銭のやりとりに立ち会っていない。
4.売買契約時の書類の中の住宅購入金¥960万の領収書に収入印紙が貼られていない。
5.不動産購入者は既婚者で、すでに夫が不動産を所有し、尚且つ、不動産取引において、配偶者である夫は、知らなかった。

以上のことから、可能ならば民事裁判を起こしたいと思います。 アドバイス、意見等、お願いします。
2012年03月06日 16時38分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
破産の申し立て前に960万円もの高額の売買をしているということからすれば,管財人がついていたと思われますが,それにもかかわらず免責されているということからすれば,適正価格での売買であった可能性が極めて高いです。

また,実家を失いたくないから知り合いに購入してもらい,購入費用を破産後に分割で支払ったりするということはありえることです。

2012年03月06日 16時59分

弁護士B
ありがとう
A先生に補足して回答しますが,もし破産手続において管財人が選任されていなかった(同時廃止)のであれば,所有不動産には抵当権が設定されており,かつ,オーバーローン物件だったのではないでしょうか。
オーバーローン物件であれば,売買代金は全て抵当権者が回収することになり,破産手続においても無価値の財産と評価されるため,債権者との関係ではその処分行為が問題にならないことがほとんどです。

2012年03月06日 19時07分

相談者
弁護士A様、B様、共にありがとうございます。 今回、債務者の破産申告において、裁判所から通知が届いた時、(同時廃止)と書かれてました。 債務者の知合いが、『借金は財産隠して破産したらチャラになる』などを聞いていたと知り、私なりに調べてみて、破産申告の裁判書類を当事者請求して、確認した所、破産1ヶ月前の不動産取引でしたので、財産隠しの疑いが晴れませんでした。 A弁護士様、B弁護士様の見解からすると、阻害行為として民事裁判をおこすのは正当ではない・この不動産売買は問題ないと言う解釈の仕方で宜しいでしょうか?

170万の債権でしたので、悔しくて、解決方法を探していたんですが、諦めるしかないんでしょうか?

2012年03月07日 09時56分

弁護士A
ありがとう
債務者の知合いが、『借金は財産隠して破産したらチャラになる』などを聞いていたと知り、私なりに調べてみて、破産申告の裁判書類を当事者請求して、確認した所、破産1ヶ月前の不動産取引でしたので、財産隠しの疑いが晴れませんでした。 A弁護士様、B弁護士様の見解からすると、阻害行為として民事裁判をおこすのは正当ではない・この不動産売買は問題ないと言う解釈の仕方で宜しいでしょうか?
→裁判所の資料として提出されているというのであれば,裁判所も確認したうえでの同時廃止ということですから,弁護士B先生の仰られる通り,オーバーローンだったと思われます。
そうだとすれば,売却費用は全て抵当権者に入っただけだと思われますので,聞いている事情からでは問題がないということになると思われます。


170万の債権でしたので、悔しくて、解決方法を探していたんですが、諦めるしかないんでしょうか?
→抵当権者と結託して,裁判所にわからないように財産隠匿していたなどの事情がない限りは,破産の趣旨や効果から考えてもあきらめざるを得ないと思われます。

2012年03月07日 12時24分

相談者
金銭的に諦めきれない結果ですが、状況的に正当な売買契約として認められた結果なら仕方ないですね。 お忙しい所、ありがとうございました。

2012年03月07日 14時18分

この投稿は、2012年03月06日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「自己破産」は戸籍に載る?年金がもらえない?よくある勘違い5パターン

「自己破産をしたら戸籍に載る?」「選挙権がなくなる?」ーー。借金がほぼ帳消しになる、という大きなメリットがある分、影響力も大きく感じる「自己...

自己破産した元配偶者から養育費を支払ってもらえる?

元配偶者から「自己破産をしたので養育費が支払えない」と言われた場合、どうすればよいのでしょうか。これまでの滞納分や将来の養育費は請求できなく...

この相談に近い法律相談

  • 不動産の任意売却について

    債務者の不動産任意売却が破産法に抵触するのか?お尋ねします。 管財人が選任されましたが不動産を任意売却せず、債権者集会・ 財団の手続き終了後に債権者は競売手続に入っております。 その後、債務者より不動産の任意売却を依頼されましたが、問題は 無いでしょうか? 勿論、債務者に金銭配分はございませんし、債権者は任意売...

  • 破産申立て直前の車の名義変更と免責の判断について

    破産申立の直前に、所有する車両の所有権を子供に移した場合、免責が不許可となってしまうのでしょうか。 現在、破産申立を弁護士に依頼し、これから受任通知を送ってもらうところで、債務は今年の9月から滞っております。 破産の可能性を感じていた今年の8月初旬、車(購入者かつ使用者が破産申立予定者であるもの)を差し押さえ...

  • 破産後の債権回収

    相手方債務者が、自己破産の申請を裁判所に申し出ましたが、破産管財人より提出された収支計算書等には、財物が無い為、分配は無いと思われます。詐欺的要素があり、取引有無の発生していない、大手企業の名称を提示し、業務出資や業務協力を促していたので、念書等を裁判所に対して免責手続き要望書を提出しましたが、適切な確認をされ...

  • 破産管財人による不動産競売

    不動産を担保に金銭を貸付した債権者なのですが、元従業員Aが知らぬ間にその債権(評価価格ぐらい)を横領し勝手にA名義に債権を移転登記し、競売で金銭を受領しようとしていて、開札期日(落札された)は経過したのですが、私はお金を積んで、この競売をストップさせ、かつ処分禁止の仮処分を設定しました(裁判所の命令により)。な...

  • 法人の破産で、債権回収

    取引先(法人)が破産します、私は自動車屋で取引をしていましたが、売掛が残っています。作業をした車両に私の所有権を付けて、売掛分の権利を行使したいのですが、破産直前でも可能でしょうか?相手は納得しています。

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

自己破産に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

自己破産の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。