退職金の管財人口座への振り込みについて

公開日: 相談日:2021年11月22日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
現在自己破産中で、1回目の債権者集会が終了しました。
自己破産手続き中(開始前)に、退職することとなり、退職金が振り込まれました。
そこから、残りの弁護士費用、市民税、1ヶ月分の生活費を頂き、残りを弁護士事務所の口座へ預けておりました。

開始決定と同時に管財人がつき、管財費用を支払い、75万ほど残っておりました。
本日、手続き上、管財人口座へ入金が必要と、管財人より指示があり、弁護士より入金した旨の連絡がありました。

また、今までは、手続き終了後、全額戻ってくると、いうことでしたが、
話が一転し、戻ってこない可能性があると言われました。
また、現在過払金の回収が難航しており、30万ほど戻ってきて良いそうなのですが、その回収が2月頃になる予定だそうです。

【質問1】
この管財人口座に振り込む理由は、なぜですか?

【質問2】
退職金が戻ってこない可能性があるのでしょうか?

1087319さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    愛知県1位
    タッチして回答を見る

    質問1
    この管財人口座に振り込む理由は、なぜですか?
    回答1
    管財人は、破産者の財産を換価して債権者に配分する義務があります。そのため、破産者が手続き開始前に入手した資産については、管財人の口座で預かり、そこから債権者に弁済していきます。
    質問2
    退職金が戻ってこない可能性があるのでしょうか?
    回答2
    ケースバイケースですが、可能性自体は否定できません。

  • 相談者 1087319さん

    タッチして回答を見る

    退職金が戻ってこないケースとあるということでしたが、保有資産がこちらの退職金のみとなります。
    担当弁護士からは、保有できるということで、話を進めて頂いておりましたが、その案内自体が間違えていたということでしょうか?

  • 弁護士ランキング
    愛知県1位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    質問3
    退職金が戻ってこないケースとあるということでしたが、保有資産がこちらの退職金のみとなります。
    担当弁護士からは、保有できるということで、話を進めて頂いておりましたが、その案内自体が間違えていたということでしょうか?
    回答3
    お話しの内容だけでは、どのように破産手続が進んでいるか不明です。そのため、可能性がゼロと断言できず、上記の通り可能性が否定できない状態です。
    ですので、担当弁護士が間違っているかは、この場では判断できません。担当弁護士に直接問い合わせた方が良いでしょう。

この投稿は、2021年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す