過去の借金を返済 その後、借入の自己破産について

公開日: 相談日:2021年09月14日
  • 2弁護士
  • 2回答

【相談の背景】
自己破産申請前になります。

最初に借金をしたのが平成15年で300万ほどありました。それから平成18年に家族の協力もあり全て完済して、6年は借金しない生活を送りました。

それから平成24年に借金をし、それが今回の自己破産の申し立てにいたります。

【質問1】
平成15年に借金をした事で、家族の協力もあり平成18年に返済したとしても心証は良くないでしょうか?

【質問2】
その事で借金を繰り返した、という事で自己破産の免責が下りないという結果は考えられますか?

1064395さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都1位
    タッチして回答を見る

    > 【質問1】
    > 平成15年に借金をした事で、家族の協力もあり平成18年に返済したとしても心証は良くないでしょうか?

    かなり前の話だと思いますので、大きな影響はないと思います。

    > 【質問2】
    > その事で借金を繰り返した、という事で自己破産の免責が下りないという結果は考えられますか?

    ギャンブルとありますので、免責不許可事由との関係で問題にはなるかもしれませんが、だからといって直ちに免責がおりないという話でもないと思います。

  • 弁護士ランキング
    大阪府1位

    吉田 英樹 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    タッチして回答を見る

    お困りかと思いますので、お答えいたします。
    【質問1】
    平成15年に借金をした事で、家族の協力もあり平成18年に返済したとしても心証は良くないでしょうか?
    →負債を、家族の協力で返済したのに、再度借り受けたことは、その理由なども含め、聞かれる可能性はあると思いますが、そのことのみで、免責されないというものでもないと思います。

    【質問2】
    その事で借金を繰り返した、という事で自己破産の免責が下りないという結果は考えられますか?
    →免責は、裁量免責という制度もあるので、必ずしも免責されないということにはならないと思います。もっとも、問題視されるようなケースでは、管財人が選任されて、免責観察型の管財事件となる例もあります。それでも裁量免責となる事案も多いと思います。

    一般的なお答えとなり恐縮ですが、ご参考に頂ければと思います。

この投稿は、2021年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す