自己破産の免責について

公開日: 相談日:2021年07月20日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
自己破産の免責について。
「自己破産で、依頼者の免責の許可が出ない可能性が非常に高いのに、弁護士が破産の申し立てをするということは非常に考えにくい。」
という回答を見ました。

【質問1】
弁護士は依頼者の相談内容を聞いて、これは免責の許可が出ない可能性が非常に高いなと感じたら、依頼者に免責の許可が出ない可能性が高いですよと申し立て前に伝えますか?

1047400さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    群馬県1位

    滝 悠樹 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    弁護士が同意
    2
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    通常であれば、申立てする前よりも、受任する前に、相談者に対して間違いなく伝えますし、伝えるべきです。

    それを踏まえて、場合によっては、個人再生の申立てなどを考えることも選択肢になり得るでしょう。

    ご検討頂ければと思います。

  • 相談者 1047400さん

    タッチして回答を見る

    滝先生回答ありがとうございます。
    弁護士から免責について何も言われなくて破産の申し立てをしたら、免責の許可は出るものと思っていいのでしょうか。

  • 弁護士ランキング
    群馬県1位

    滝 悠樹 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    弁護士が同意
    2
    タッチして回答を見る

    ご質問者の方のお考え通り、そのような考え方もあるのかもしれません。

    但し、自己破産の申立てについて、相談を受け、受任する以上、免責の許可・不許可について、説明をしないことはいかがなものかと思います。

    もし、ご質問者の方が自己破産について弁護士に直接相談することがあるとしたら、免責の許可・不許可について、適切に説明を求めて頂いた方がいいでしょう。

    ご検討頂ければと思います。

この投稿は、2021年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す