2020年12月から施行のコロナ版ローン減免制度の利用

公開日: 相談日:2021年01月17日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

2020年12月から施行されているコロナ版ローン減免制度について質問です。

いま総額で350万円の借金があります。 内訳は、銀行ローンが170万円、ショッピングカードが110万円、消費者金融が70万円です。 

月給は手取りで22万円、返済には6万円を当てています。

昨年もらったコロナ関連の給付金などで、なんとか返済はし続けていますが、コロナの影響で仕事も減って来ていているので、この先は不安です。 

なんらかの形で借金を解決したいのですが、コロナ版ローン減免制度の利用は、弁護士さんの視点でいうとわたしの状況には有効なのでしょうか?
  
この制度の利点や欠点も教えてもらえると助かります。

988568さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    福岡県8位

    中村 元祐 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    現在も約束どおり返済は続けているが,コロナの影響で収入が減少し支払えなくなりそう,ということなら,自然災害債務整理ガイドライン(コロナ特則)を利用できる可能性が十分あります。
    主なメリットは,信用情報に記載されないこと,支援専門家(多くは弁護士)の手続支援を無償で受けられることです。
    主なデメリットは,債権者の同意が得られなければ債務整理が成立しない可能性があること,支援専門家の手続支援には限度があり債務者自身ですべきことも多いことです。
    Web上では最終判断はできませんので,お近くの弁護士会で面談相談して,自然災害債務整理ガイドライン(コロナ特則)に適するかどうか確認してもらってください。適すると判断されれば,手続きを進めるためにどうしたらいいか教えてもらえます。

この投稿は、2021年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから