個人再生 未だに申し立てできないようなので不安です。

去年の8月に個人再生の依頼を弁護士にしました。
資料などを揃えて12月頭に、提出したのですが
早くて12月中には、申し立てできると行っていましたが、未だに申し立てまで行ってないようです。1月2月の半ばに弁護士に連絡しましたが
まだ、自分が使用した金額を証明するのに
手こずっているのでというのです。
使った金額と内容は、知らせてあるのですが
こんなに時間がかかるような事があるのでしょうか?また、ここまで時間がかかっているので
不安なのですが、なにか問題になることはないのでしょうか?

b4_3Kz4さん
2019年02月25日 13時09分

みんなの回答

山口 政貴
山口 政貴 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
費用を分割で支払っている場合には,費用完済後の申立てとなるため,依頼してから1年近くたって申立てをするということはあります。また,過払金の回収をしている場合には,その回収が終わってから申立をしますので,そのような場合も1年ぐらいかかることがあります。ただ,そのような事情がなければそろそろ申立てはできると思いますので,もう一度弁護士に,どのくらいで申立できるかを確認してみてはいかがでしょうか。

2019年02月25日 13時49分

鈴木 克巳
鈴木 克巳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都5 借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
> まだ、自分が使用した金額を証明するのに手こずっているのでというのです。
◆ 手こずっている・・・のであれば、もう一度きちんと貴殿と綿密な打ち合わせをしてしっかり固めていけばいいだけの話ですよね。
◆ 私なら、「いやあ、すみません。ちょっと、貴殿の〇〇銀行〇〇支店の通帳に出てくる何名かとの入出金について、裁判所から聞かれる可能性が高く、前にいただいいた貴殿からの書面を見ても、今ひとつ分からないところがあるんですよね。ついては、もう一度来ていただけませんか?」というような感じで打ち合わせ日程を決めますがね。
  私に限らず、他の弁護士の大半もそうだと思いますが。
◆ 弁護士とのコミュニケーションがうまくいっていないということはないでしょうか。
  弁護士が何を言いたいのか、貴殿が何を不安がっているのか、そういった点を、電話なりメールなりで、お互いきちんと言い合えば、誤解が解けたり、信頼関係が回復したり、うまくいくこともあるかと思います。
◆ とにかく、気になったことは、弁護士にきちんと話してみる、これが大事です。
  それで問題点が解決することも多いので、まずは、弁護士に直接お問い合わせなさって下さい。
◆ なお、以下は、あくまで私見ですが、依頼者の早期再生のために尽力するのが弁護士です。弁護士費用がまだ全額貰えていないから、どんな事情があっても申立はしないよという弁護士もいますが、私は、そのような弁護士の考え方には断固として反対です。
  勿論、弁護士の立場から言わせていただければ、依頼者の怠慢で、必要な書類を用意しない、依頼者が我が儘で打ち合わせをやたらとキャンセルする、いくら連絡をしても返信してこない、そういう依頼者の事件は後回しにしますし、やる気が消失していくことは確かです。
  しかし、そうではなく、真面目に打ち合わせに来る、一生懸命書面を作成しようという気持ちが見られる、分からないことはここが分からないのですときちんと質問してくれる、そういう依頼者であれば、弁護士費用の積立が完了していなくても、早く申立をして、その方がいち早く人生の再スタートを図れるように業務を遂行する、それが弁護士のあるべき姿だと思っています。

2019年02月25日 14時25分

b4_3Kz4 さん (質問者)
弁護士費用は12月に全額支払いは終わっております。弁護士は、裁判所に突っ込まれないように
するために、時間がかかると言っておりました。

2019年02月25日 15時52分

鈴木 克巳
鈴木 克巳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都5 借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
> 弁護士は、裁判所に突っ込まれないようにするために、時間がかかると言っておりました。
◆ 裁判所に突っ込まれないようにするための書面の作成に時間がかかるという意味かもしれません。
  貴殿からの事情聴取が不足しているのであれば、再度打ち合わせをするべきです。
  ただ、そのようなことを言っていなかったのであれば、書面に纏めるのに時間がかかっているだけなのかもしれません。
◆ いずれにしても、事の真相は第三者には分かりません。
  貴殿が依頼している弁護士に、それこそ、もっと突っ込んで、「裁判所から突っ込まれないようにするために時間がかかっているというのは具体的にはどういうことなのでしょうか?」との質問されるのが宜しいかと存じます。



2019年02月25日 16時20分

b4_3Kz4 さん (質問者)
申し立てが遅くなる事により、負債をしている
カード会社や銀行に訴訟を起こされるなど
何かしら、問題になるような事などはありますか?

2019年02月25日 16時26分

鈴木 克巳
鈴木 克巳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都5 借金・債務整理に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> 申し立てが遅くなる事により、負債をしているカード会社や銀行に訴訟を起こされるなど何かしら、問題になるような事などはありますか?
◆ 可能性としては、当然あります。
◆ 受任通知後3か月、4か月を経過すれば、訴訟提起をしてくる業者、半年位で訴訟提起をしてくる業者はいます。
◆ 方針が確定している場合は、方針未確定の場合よりは、少しは待ってくれるということもあります。
◆ 個人再生の申立をすれば、訴訟を取り下げてくれるところが大半です(業者の中には、再生手続開始決定がなされない限り訴訟を取り下げてくれないというところもあります。)ので、とにもかくにも、申立を早急に行っていくに越したことはありません。

2019年02月25日 17時58分

b4_3Kz4 さん (質問者)
ご返信ありがとうございました。

3月に入ったらもう一度、弁護士に連絡してみます。

2019年02月25日 18時04分

この投稿は、2019年02月25日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,126名の弁護士から、「借金・債務整理に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 銀行に預けたお金は返してもらえますか?銀行から口座解約通知書と預金など債権の消滅手続

    このたびは、お世話になります。 25年12月24日楽天銀行から口座解約通知書と「犯罪利用預金口座等に係る資金による被害回復分配金の支払等に関する法律」にもとづき預金など債権の消滅手続きを開始することについての手紙が届かられました。 実は、私は、中国の有名なショッピングサイト(ヤフーオークションのようなサイト)で...

  • 債務整理後の滞納

    2年ほど前に債務整理をしました。今1ヶ月分遅れて滞納しているのですが、今月事情があり、支払いができません。 書類には2ヶ月分滞納すると一括請求すると書いてあるのですが、どうしたらいいですか? 来月に1ヶ月分は支払えます。

  • 自己破産中のクレジットの引き落としについて

    5月28日に、弁護士に自己破産の依頼をし、現在連絡待ちの状態です。 7月25日の給料からクレジットカードの引き落としをされてしまい困っています。 その口座は地元銀行でローン等は無く、給料の振り込みとクレジットカードの引き落としに使っていました。 引き落としは毎月27日す。 クレジット会社はオリコとニコスで、こちら...

  • 債務整理について。どうしたらよいよでしょうか?

    債務整理をお願いしたのですが、事務所費用が払えず二ヶ月延滞してしまい、辞任すると連絡がありました。 今後どうしたらよいかわからず、困っています。 どうしたらよいよでしょうか?

  • 弁護士さん辞任について

    債務整理中に弁護士さんに辞任され消費者金融から一括返済の通知が来た場合でも再度違う弁護士さんにお願いすることはできますか?

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

債務整理の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。