債権管理の月々の支払いについて

任意整理を考えています。
複数の弁護士に相談をしましたが、任意整理をした時の月々の返済額に差があります。
返済期間の問題でしょうか。

または、委任後に月々の返済額が見直されるのでしょうか。

いろいろ聞いてもわからないので、教えてください。
サラリーマンさん
2018年10月20日 22時52分

みんなの回答

須山 幸一郎
須山 幸一郎 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> 任意整理を考えています。
> 複数の弁護士に相談をしましたが、任意整理をした時の月々の返済額に差があります。
> 返済期間の問題でしょうか。

弁護士が、向こう何年で完済する内容の任意整理案を考えているかによると思われます。
同じ債務総額でも3年で完済しようとするのと5年以上で完済しようとするのでは、当然月々の返済額に違いが出てきます。
弁護士は、利息免除及び依頼者の希望により長期分割弁済の交渉をしますが、経験豊富な弁護士は、経験上、どの債権者(業者)はどの程度の整理案を受諾してくるかを知っていますので、ある程度予想を立てることが出来ます。
よって、長期の弁済で和解できる自信がある弁護士は、月々の弁済額につき、より安い額を助言する傾向にあると思われます。

2018年10月20日 23時46分

サラリーマン さん (質問者)
補足します。
借入金は約1800万です。
A弁護士は、月41万。B弁護士は、月25万。

2018年10月20日 23時53分

滝 悠樹
滝 悠樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 群馬県1 借金・債務整理に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
任意整理での和解に際しては、各業者によって(場合によっては担当によって)、和解可能な上限回数が違います。

支払総額は変わらないとしても、支払回数が長ければ長いほど、月々の支払額は少なくすむことになります(振込手数料がかかりますので、必ず長い方がいいとまでは一概に言えませんが)。

ご質問者の方のケースですと、業者などから判断して、月25万円あれば、任意整理可能であるとBの方は判断したのだと思います。

もし、支払回数を可能な限り長くしたいということであれば、Aの方かBの方かということですと、Bの方に再度相談することを検討してもいいでしょう。

ご検討頂ければと思います。

2018年10月21日 17時30分

馬場 亨二
馬場 亨二 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
任意整理はあくまでも業者との和解が出来た場合ですので月々の返済額は受任の時点では確定していないのではないでしょうか。おそらくおおよその回数で概算を提示するので弁護士によって差があるのではないでしょうか。また弁護士費用の分割の金額も弁護士ごとに異なるので数字が違ってくるのではないでしょうか。

2018年10月22日 17時10分

この投稿は、2018年10月20日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,242名の弁護士から、「借金・債務整理に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 債務整理委任前の電話応対

    何件か相談しましたが自分で交渉とか言われ断られましたが何とか整理してもらえる事になりそうです。 今まだ委任契約前ですが弁護士事務所の方からは電話が来たら弁護士にお願いしてますからと言うように言われました。 けど色々見てると整理先から事務所や弁護士名を聞かれるみたいなのですが依頼先の事務所からはまだ多分本契約前か...

  • 弁護士の委任契約書について教えてください

    債務整理を依頼し、減額という形で決着したのですが、その後に弁護士報酬の請求書が送られてきましたが、初めに口頭での話しをしただけで契約書を交わしていないのですが、委任契約書は必ず必要でしょうか?弁護士に問い合わせてみたのですが、「当方では債務整理については契約書はなく内容を記載した書面を渡しています」と言われ、そ...

  • 委任契約解除について

    委任契約済みであり、各債権者へ受任通知を送った段階であります。 ※交渉着手はまだです。 着手金は後払いで良いとの事でまだ支払っておりません。 そこで質問です 1 この状態で委任契約解除するとどうなりますか?    2 心苦しいのですが別の弁護士さん(債務整理分野の経験が豊富)へ依頼したいのですが可能でしょう...

  • 委任契約締結後、解約は可能でしょうか?

    債務整理の委任契約の解約についてご相談です。1月3日に法務事務所で契約を行いました。契約後、再度検討すると解約を行いたく思います。委任契約の解約は可能でしょうか?解約理由は債務整理のデメリットを深く考えておらず、事務所への手数料等を考えると負担が月々の支払額がかわらない点です。

  • 【至急】弁護士委任切り替え検討

    委任契約締結済みですが、 多忙理由だと思いますが、対応が遅く案件進捗が不明な為次の行動が取れなく困っております。 債務整理(債権者交渉)を強みとしております弁護士さんへ切り替えたいのですがお力をお貸しください。

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

債務整理の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金のニュース

  1. 140万円超の債務整理「司法書士は扱えない」...
  2. マイナス金利の影響「ローンの利息が減る」「...
  3. 間寛平さん「1億円」借金地獄を告白 「保証人...
  4. 「持ち家 VS 賃貸」税金面はどっちが有利? ...
  5. 北海道電力が「ボーナス」の代わりに「生活支...
  6. 「過払い金を返せ!」芸人まちゃまちゃ「消費...
  7. ギャンブルで全財産なくして「借金400万」――...

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。