消費者金融 弁護士からの催告書について

消費者金融より、弁護士を通じての催告書が届いています。基本契約締結日平成17年11月17日、最終貸付日平成18年9月9日、最終貸付残高199254円、貸付利率28,835%、債務弁済約定日平成23年11月1日とあります。和解はしていませんが和解債権催告書も以前届きました。これは、時効ではなく支払い義務は発生しますか。債務整理を以来した場合いくらまで減額できますでしょうか。また、依頼するなら弁護士と司法書士はどちらがいいでしょうか?ぜひアドバイスをお願いします。
相談者(532998)からの相談
2017年03月13日 21時45分

みんなの回答

小沢 一仁
小沢 一仁 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
弁護士が同意2
ありがとう
債務弁済約定日からこれまでの間に時効中断事由(債務承認等)をしていないのであれば、消滅時効期間が経過していると思います。時効援用の意思表示をしてみてはいかがかと思います。

2017年03月13日 21時53分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2
弁護士が同意1
ありがとう
> これは、時効ではなく支払い義務は発生しますか。

その23年11月から一度も支払いをせず、裁判等もされていないようでしたら、時効の可能性はありますので、その場合は支払義務はなくなります。

債務整理を以来した場合いくらまで減額できますでしょうか。

時効が完成しなかったことを前提にしますが、どこまで減額できるかは債権者次第かと思います。

また、依頼するなら弁護士と司法書士はどちらがいいでしょうか?

時効の援用通知だけならいずれでもよいと思いますが、任意交渉となると扱えない司法書士がいますので、事件として扱えるかどうか司法書士に尋ねる必要がありますね。

2017年03月14日 04時29分

相談者(532998)
小沢先生、原田先生、ご丁寧にありがとうございました。平成23年前後も支払いは一円もできておらず、3年ほど前に援用時効の通知を送ったことがあります。しかし消費者金融側からは「裁判にて権利を獲得しておりますので、時効とはなりません」との回答でした。それから弁護士を通じて催告書が届くようになりました。これは、約定日の23年に、知らないうちに裁判を起こされたのでしょうか?引越をした時期でもあったので、郵便がきていたとしても行方不明になったかもしれません。だとすると、時効となるのは10年後の平成33年、ということでしょうか。あと4年もあるので、支払いが発生しても、債務整理した方がいいでしょうか。

2017年03月14日 11時14分

相談者(532998)
追記:消費者金融からの文書は「簡易裁判所で債務名義を取得した債務債権に基づき、消滅時効はH21年10月30日に中断しているので消滅時効が完成していることはない」とのことです。

2017年03月14日 11時21分

小沢 一仁
小沢 一仁 弁護士
借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
> 消費者金融からの文書は「簡易裁判所で債務名義を取得した債務債権に基づき、消滅時効はH21年10月30日に中断しているので消滅時効が完成していることはない」とのことです。

まずは上記が事実であることを確認してください。仮に事実だとしたら、消滅時効期間は経過していないと思いますので、債務整理をした方がよいかと思います。方針は債務の金額等に照らし、弁護士と相談して決めてください。

2017年03月14日 21時52分

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都3 借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
貸金業登録をしている消費者金融業者であれば、
おそらく嘘は言ってこないと思います。
また、消費者金融業者で、弁護士事務所に
債権督促を依頼する業者は限られて
います。
おそらく、その業者はかなり交渉が手ごわい業者です。

一人で対応するのは難しい可能性ありますので、
資料を持参して、弁護士に早めにご相談されることを
お勧めいたします。

2017年03月27日 07時31分

相談者(532998)
小沢先生、齋藤先生、的確なご回答をありがとうございました。
弁護士からの催告書は、鬼気迫ったものと改めて実感しましたので、これ以上返済額がふくらむ前にと、今週金曜日に地元弁護士に相談を予約しました。親身に相談にのってくださり、本当にありがとうございました。

2017年03月27日 16時18分

この投稿は、2017年03月13日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では15,428名の弁護士から、「借金・債務整理に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 借金時効の失敗しました。自己破産の事で聞きたいです。

    アイフル弁護士から催告書が届きました、 一括払いで払って下さいって 金額が1264813円って書いてます。 基本契約締結日は平成15年11月14日 最終貸付日は平成18年1月20日 最終貸付直後残高ハ499008円 貸付利率(実質年率)28,835% 責務弁済約定日は平成24年3月1日ってなってます。 他の事務所で時効をしましたが中断されまし...

  • クレジットカード消滅時効の起算日について

    21年司法書士にて a.b.c 3社に任意整理開始。 3社共に最終支払日 23年10月26日 その後、支払不可能になり破産方向で弁護士に相談。(司法書士辞任) 金額が少額(3社総額100万以下)な為、26年まで破産手続き開始しないまま弁護士辞任。 任意整理の合意書には、25日が約定日で2回支払が遅れると期限の利益が消滅とあります。 こ...

  • 任意整理時の延滞扱いについて。

    平成23年に弁護士さんにお願いして任意整理をしました。 平成23年2月 弁護士さんへ過払い請求を依頼 平成23年6月 引き直しの結果¥38000ほど残債がある旨の連絡を弁護士さんからもらい、すぐに弁護士さんを通して一括で支払い。 (6月の日付の振り込み用紙のコピーと、その支払いによって残債なしの合意書あり) 今年になり訳...

  • 債権回収について

    2005年に武富士にて契約したのですが、返済が出来ずに現在まで、放置の状態でした。 先日、ミネルヴァ債権回収株式会社という所から、債務弁済催告書というう書面が届きました。 内容は 契約内容(及び同契約にかかる債務の弁済の合意、裁判上の和解・決定、調停、民事再生計画等)に基づく弁済について、残存債務全額を直ちにお...

  • 法人倒産 チェックリストの不備

    A社はH19年1月設立、6月決算 3期目まで決算終了、H21年11月に会社登記を平塚から東京中央区移転した。赤字会社の業績はさらに悪化し、4期目の22年6月は決算未処理。来年締める予定 3期まで税理士が税務申告作成したが、事務所移転で書類が散逸、また、税理士と喧嘩し処理を手放された。 1期から3期の決算書はあるが税務申告書は1期の...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

債務整理の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。