給与差し押さえについて

公開日: 相談日:2012年01月10日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

質問よろしくお願いいたします。
実は昨年にクレジット会社から申し立てされ、簡易裁判所から給与差し押さえの手続きをされ、毎月、給与から強制的に引かれていたのですが、今月は職場の都合で給与計算の締めが5日分少なく給与が出たのですが、今月は総額で65,000円程しかなかったのですが、ここから今月も四分の一も引かれてしまい、生活できそうにないのですが、給与の総額が少なくとも絶対に四分の一差し押さえで引かれるものなのでしょうか。
また、差し押さえ分で最低限(収入が少ない時)の引く事ができない決まりはないのでしょうか。
どうぞよろしくお願いいたします。

99975さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士 A

    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    最低限はないでしょう。

    もしそのような金額が設定されているなら,その金額以上にならないように働けば,債権を回収されることはなくなってしまします。

  • 好川 久治 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    タッチして回答を見る

    法律には、差押えの限度額について4分の1と定めがあるほか、収入が多いときに4分の1を超えて差押えの対象となることがある旨は規定がありますが、反対に収入が少ないときに差押えの限度が4分の1を下回るという規定はありません。少額でも4分の1の差押えは受け入れざるを得ません。

この投稿は、2012年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す