借入金の返済の期限について

公開日: 相談日:2020年04月27日
  • 3弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

平成8年に義兄が就農支援資金の借り入れをして、実父が連帯保証人になっています。義兄は農業もやめ、バイト等をしています。借り入れの返済は一切返済しておらず、平成12年には償還期間の変更手続きをしていますが、その後も一切返済はしていません。実父が亡くなり、相続人に請求がきていますが、かなり前の借入金ですが支払わなければならないのでしょうか?

915511さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    長崎県1位
    タッチして回答を見る

    平成12年以降、一切の返済をしておらず、債務の承認などもないなら、時効が完成している可能性が高いと思います。

    時効が完成しているなら、時効援用の意思表示を行えば、債務は消滅します。

    具体的なやり方については、弁護士に直接相談されることをお勧めします。

  • 弁護士ランキング
    大阪府1位

    吉田 英樹 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    お困りかと思いますので、お答えいたします。
    > 平成8年に義兄が就農支援資金の借り入れをして、実父が連帯保証人になっています。義兄は農業もやめ、バイト等をしています。借り入れの返済は一切返済しておらず、平成12年には償還期間の変更手続きをしていますが、その後も一切返済はしていません。
    →時効完成の可能性はあります。その場合には、時効援用の意思表示を内容証明郵便で行うことになります。

    > 実父が亡くなり、相続人に請求がきていますが、かなり前の借入金ですが支払わなければならないのでしょうか?
    →そのほか、相続放棄の可能性もありますが、そのほかの相続財産があるなら、この方法が取れないことにはなります。消滅時効の援用ができれば、これをすることが考えられます。この問題については、相続の問題、時効援用の問題などが重なっておりますので、できるだけ早めに、弁護士に面談相談されて、今後の方針を検討された方がいいようには思いました。なお相続放棄は、熟慮期間は、3ヶ月以内とされていますが、これを伸長する申し立てをすることもできます。

    一般的なお答えとなり恐縮ですが、ご参考に頂ければと思います。

  • 川崎 政宏 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    タッチして回答を見る

    平成12年の償還期間変更手続きの際に、債務の承認がなされている可能性が高く、保証債務も時効中断されているおそれがあります。

    就農支援金は行政からの貸付金であっても、私債権(民間貸付と同じ)なので、平成12年から10年目ということで、時効にかからないように、時効中断のための手続きを進めてきているものと推察されます。

    お父様が亡くなられて3か月以上経過していたら相続放棄も難しいかもしれないので、対応は慎重に検討される必要があると考えます。


この投稿は、2020年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから