風俗店勤務の自己破産

公開日: 相談日:2019年12月23日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

今年8月に連帯保証していた借金約300万が私に回ってきまして、10年以上前からクレジットカードのショッピングと多額の借入もあり(約1000万程)自己破産を考え弁護士に相談しました。
3ヶ月前に離婚したのですが、それまでは主婦で、現在も無職ということで手続きを進めようとしていたところ、債務者から風俗店で勤務しているので月100万程の収入があるはずだと反論されました。

実は私は隠れて風俗店勤務をしていたのですが、(勤務していたのは事実ですが、収入100万もなくもっと少ない金額です)なぜか債務者にバレていたようで指摘され、ずっと隠して生きてきたのに晒されたことと、ずっと監視されているような恐怖から精神的に不安定になっています。

あと、私が不安になり、債務者にトークアプリから連絡してしまい、お金は払いたい気持ちはあるがまだ用意出来ていなくて‥と連絡したところ、債務者から50万円で示談しても良いが、すぐお金を振り込まないならこのまま訴えを取り下げる事はないと返答がきました。

弁護士は面談の時以外は相談に乗ってくれなくて、不安と恐怖で眠れません。

一旦今の弁護士さんはやめて、怖い債務者にだけ先に50万円払って縁を切り、その後改めて他の弁護士にお願いして残りの債務の破産をする事は可能でしょうか。

もしくはこのまま進めていくとしたら、債務者が勤務店を特定して、法的な強制的をもってお店に勤務実態や収入を公開するように請求する事があるのでしょうか?

よろしくお願い致します。

878709さんの相談

回答タイムライン

  • 野条 健人 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    大変お困りだと思いますのでお答えします。

    一旦今の弁護士さんはやめて、怖い債務者にだけ先に50万円払って縁を切り、その後改めて他の弁護士にお願いして残りの債務の破産をする事は可能でしょうか。


    成る程。相当悩まれていると思います。その弁護士さんから聞かれているかと思いますが、その先に支払う行為は偏頗弁済といって、破産のルールに反することにもなりかねません。他の弁護士さんにお願いするにしてもよく相談されながら進めるのがよいと思います。

この投稿は、2019年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す