譲受債権請求の裁判について

公開日: 相談日:2018年12月12日
  • 2弁護士
  • 3回答

昔の借金が裁判所から届きました。
値段、日にちは簡単に書きます。

請求の趣旨
被告は、原告に対し、金800.000円及び内金200.000円に対する平成30年12月1日から支払い済みまで年26.28パーセントの割合による金員を支払え。

とあります。
また、
訴訟物の価額は200.000円
と書いてあります。

この場合は、
支払うのは800.000円ですか?
200.000円ですか?

また裁判所ではなく、
債権会社に直接分割でーと連絡してもいいのですか?
出頭する日にちが行けなくて、悩んでいます。

740143さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    大阪府4位

    影山 博英 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    タッチして回答を見る

    > 支払うのは800.000円ですか?
    > 200.000円ですか?

    下記1)2)の合計です。
    1)80万円
    2)20万円に対するH30.12.1から支払済みまでの日数分の年26.28パーセントで計算した遅延損害金

    > 債権会社に直接分割でーと連絡してもいいのですか?
    > 出頭する日にちが行けなくて、悩んでいます。

    いずれにせよ、分割払いに応じるか否かは原告の意向次第ですので、原告に直接連絡してみてもよいでしょう。

  • 弁護士ランキング
    東京都2位
    タッチして回答を見る

    この場合は、
    支払うのは800.000円ですか?
    200.000円ですか?
    →これは景山先生のおっしゃるとおりです。


    また裁判所ではなく、債権会社に直接分割でーと連絡してもいいのですか?
    出頭する日にちが行けなくて、悩んでいます。

    →そもそも、その債権は時効が完成しているのではないでしょうか。
    利率が26.28%ということは、かなり前からの借入と思います。
    ひっかかるのは、12月1日という記載がある点です。11月30日に支払いをしたという事実はないでしょうか。
    そういう事実はなく、支払いをずっとしていなかったのでしたら、まずは、答弁書で時効を援用してみることが考えられます。

    それでダメなら、分割払いの交渉をすることが考えられます。
    ただ、業者によっては、一括払いしか認めない業者もありますので、一度、弁護士に相談をしてみてください。
    今からでも、弁護士に入ってもらった方が、分割払いでも貴殿に有利な内容で和解できる可能性がありますので。

    ご参考までに。


  • 相談者 740143さん

    タッチして回答を見る

    合計金額なのですね。
    ありがとうございます。

    答弁書で時効を援用をしましたが、
    できないと、返事がきたので、
    分割でと考えています。
    弁護士に頼むと、費用と分割費用と、
    お金がもっとかかるのでは?
    と思ってしまい、1歩が踏み出せません。

  • 弁護士ランキング
    東京都2位
    タッチして回答を見る

    > 弁護士に頼むと、費用と分割費用と、
    > お金がもっとかかるのでは?
    > と思ってしまい、1歩が踏み出せません。

    業者によっては、弁護士がつくと、今後の利息をカットできます。
    そうすると、弁護士費用をかけた方が、総額ベースで考えると支払額は少なくなる可能性があります。

    他方、業者によっては、一括払いしか認めないところもあります。

    できれば、早めに相談をされてみてはいかがでしょうか。
    債務整理をしている事務所なら、業者の名前を伝えれば、採るべき方針を示してくれると思いますよ。

この投稿は、2018年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す