1. 弁護士ドットコム
  2. 借金
  3. 簡易裁判所からの督促状について

公開日:

簡易裁判所からの督促状について

2018年08月15日
ベストアンサー
平成13年に消費者金融から何社か借入をし支払いが滞ってしまったため、平成14年に自己破産をしました。自己破産後も1社は督促のハガキが来続けていました。数年して消費者金融ではなく債権回収会社よりハガキが来ました。ハガキは来ていましたが連絡、支払い等は一切しておらず先日になって簡易裁判所より支払い督促が来たのですが、異議申し立てをしたいと思っています。
先生方に質問なのですが、どのように異議申し立てを記入したら良いでしょうか?
また消滅時効の援用は出来ますでしょうか?
相談者(695451)の相談

みんなの回答

鈴木 克巳
鈴木 克巳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都5 借金・債務整理に注力する弁護士
ありがとう
◆ 督促の葉書が来ているという消費者金融会社(現在では債権回収会社)は、自己破産以前に借り入れていた債権者なのでしょうか。もし、そうであれば、貴殿は免責を得られたはずですから、当該債権者に対する支払わなくてもよくなっている筈です。つまり、当該債権者側のミスで督促状を発送し続け、今般、支払督促の申立をしたということになります。この場合は、破産し免責を得ていることを主張されるべきです。ただし、当時の免責決定書(貴殿が依頼した弁護士が取ってあれば弁護士から入手して下さい。もし、既に廃棄していた場合は、裁判所も保管期間が経過しているので、詳細を明らかにすることはできないかもしれませんが、一応、裁判所に問い合わせてみて下さい。)で立証する必要があります。
◆ 仮に、貴殿が免責を得られなかったのであれば、破産手続において、当該債権者が債権者表に記載されてから10年経過しないと、消滅時効は完成しません。
◆ 貴殿は免責を得たものの、当該債権者については、債権者一覧表に載せるのを失念していたということであれば、当該債権者が貴殿が破産をしたという事実を知ることができていない限り、当該債権者に対しては、免責の効力を主張できません。しかし、自己破産の申立自体は、時効中断事由には該らないと思います(多数説かを思います。債権者申立の場合は当該債権の時効中断事由に該るとの最高裁判例がありますが、自己破産の場合は、申立が時効中断事由になるという法律上の条文はありません。)ので、5年の消滅時効は完成している事案かと思います。よって、時効援用をなされるべきでしょう。
◆ 破産手続が開始された後に借りた債務であれば、これは、当該債務の弁済を怠り、貴殿が期限の利益(分割弁済をしていける利益)を失った時から時効が進行します。したがって、上記時点(期限の利益喪失時)から5年経っているかどうかで、時効援用の可否が決まります。
◆ 異議申立書には理由を書く必要はありません。現時点で大切なのは、「理由」をどうきちんと書いていくかということではなく、2週間以内に提出することを忘れてはならないということです。備考欄には、「分割払を希望する」というような文字が予め記載されていますが、ここには絶対に〇をしないで下さい。「法的に争う」とだけ書いておけばいいのです。
◆ 通常訴訟に移行したら、じっくり検討していべきです。

2018年08月15日 13時52分

相談者(695451)
ご回答ありがとうございました。

追加になりますが、
借入していた消費者金融は自己破産以前のもので自己破産の時の書類にも記載しました。
免責に関しては、記憶が曖昧なのですが免責を得られなかったと思います。

2018年08月15日 16時55分

鈴木 克巳
鈴木 克巳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都5 借金・債務整理に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> 借入していた消費者金融は自己破産以前のもので自己破産の時の書類にも記載しました。
> 免責に関しては、記憶が曖昧なのですが免責を得られなかったと思います。
◆ そうであれば、平成14年の破産ということであれば、それ以降、債務の承認(一部弁済や債務を認める書面への署名捺印や発言)をしたり、訴えを提起されて債務名義(判決や支払督促)を取得されていない限り、つまり、時効中断事由がない限り、消滅時効は完成しているので、時効援用をなすべき事案かと思います。
◆ 仮に、時効中断事由があるというような場合は、相手がその旨主張してきます。そして、裁判所が時効中断事由ありとの判断をしたときは、貴殿は負けてしまいますが、その時は、和解、あるいは債務整理等を検討なされるべきかと思います。

2018年08月16日 09時41分

この投稿は、2018年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

自己破産した元配偶者から養育費を支払ってもらえる?

元配偶者から「自己破産をしたので養育費が支払えない」と言われた場合、どうすればよいのでしょうか。これまでの滞納分や将来の養育費は請求できなく...

「自己破産」は戸籍に載る?年金がもらえない?よくある勘違い5パターン

「自己破産をしたら戸籍に載る?」「選挙権がなくなる?」ーー。借金がほぼ帳消しになる、という大きなメリットがある分、影響力も大きく感じる「自己...

この相談に近い法律相談

  • サラ金について

    初めまして、サラ金の事で困っていて、相談させてください。今年の2月にネットからサラ金に借入の申し込みをしたんですが、必要なくなりキャンセルしました。 今月にはいってから、今度は家にサラ金からハガキが届くようになってしまいました。サラ金から家にハガキを送らないようにしてもらうには、どうしたら宜しいでしょうか?ア...

  • 消費者金融

    自己アフィリエイトで消費者金融(プロミス)のカードを作ろうと思っています。 登録するだけで払われるので、消費者金融に登録しただけで借入の予定はないのですが、その場合の個人情報の取り扱いはどうなるのでしょうか? 1.将来銀行からの融資などの時に支障をきたすことなどあるのでしょうか? 2.どこかに個人情報が流れる...

  • 消費者金融

    消費者金融で借金をしていた債務者が死亡した場合、債務はどうなるのでしょうか? 保証人は誰もつけてませんし、住宅ローンのような団信もつけてません。

  • 消費者金融

    消費者金融の審査の際に銀行カードローンを持っていた場合銀行の信用情報はみられるのでしょうか⁉️ よろしくお願いします‼️

  • 消費者金融は

    消費者金融が口座差し押さえをする時、口座番号が分からないと出来ませんか?また給与差し押さえ、口座差し押さえ両方強制執行する事はできますか?

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

借金・債務整理に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

借金の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

借金・債務整理の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。