自己破産による影響について

公開日: 相談日:2018年03月25日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

私の父は、自殺をし、1000万近くの借金が判明しました。
私の貯金では払い切れません。
相続放棄の道もありますが、自己破産の道も視野に入れています。
この場合の
①自己破産の条件
②自己破産後の制限(日常生活、社会的)
③自己破産による親戚への影響
について教えて下さい。

645669さんの相談

回答タイムライン

  • 清水 淳平 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    タッチして回答を見る

    1 支払不能かどうかです。 
    2 制限職種くらいです。警備員や運転代行など一定の職業に一定期間つけなくなります。
    高額な財産があれば処分されます。
    3 破産を理由に影響はありません。
     保証人に親戚がなっていれば請求される可能性はありますが。



  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > ①自己破産の条件
    借金への返済が不可能(不能)といえるか否かです。
      とても支払えない状態であれば認められると考えられます。

    > ②自己破産後の制限(日常生活、社会的)
     自己破産手続中の制限として、一定の仕事に就けなくなります。
     弁護士など士業、警備員などの就業・資格の制限があります。
     日常生活には大きな影響はありません。
     もっとも、破産管財人がつくと、転居に許可が必要になったり、郵便物が破産管財人に転送されたりします。
     破産をする方名義の不動産や高い自動車、その他の物があれば保有が認められないことがあります。(一定の金額の枠内の資産の保有は認められますので、必ずしも資産を全て没収されるわけではありません。)
     なお、世間に知られる可能性としては、自己破産をすると、誰でも読める「官報」に氏名などが掲載されるという点です。(調べようと思えば調べられる可能性がある。)

    > ③自己破産による親戚への影響
      法的には影響することは考えられません。(保証人は除く。)
      
     

この投稿は、2018年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました