借金の督促、内容証明書の書き方

公開日: 相談日:2015年11月26日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

10年以上前に、元夫に1,000万円以上を貸しています。このうち返済されたのは1万円です。これまでも催促のたびに、「返すので待って」と言い、返済されていません。1年前にも電話で催促し、同じように「返すから待って」とのことでしたが、その後電話が通じなくなりました。住所も変わったようですが、引越し先がわかったので、そちらへ内容証明で督促を送りたいと考えています。
借金の内訳は、
 930万円は借用書あり。月6万円の返済。利息の記載なし。
 20万円は借用書なし。
 70万円は連帯保証分の支払い。
すべて10年以上前のものです。

質問です。
1、お金を貸したのは10年以上前ですが、返済の意思を1年前に確認しているので、時効は中断していると考えてよろしいですか。(録音はしていません。)
2、内容証明の中には、1年前に返済の意思を確認していることも書いておいた方がよろしいですか。

403841さんの相談

回答タイムライン

  • 好川 久治 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    弁護士が同意
    1
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    三口の債務について返済の意思を確認できているなら時効は中断しています。但し、1年前の返済の意思を否定されるとこちらが証明していかなければなりません。最終弁済日から10年が経過し、その間の時効中断の事実を証明できないと苦しくなります。
    内容証明では、これまでの交渉の経緯を大まかな日時等を特定しながら書いておけばよいと思います。そのなかに返済の意思が含まれていればよいでしょう。

  • タッチして回答を見る

    1、お金を貸したのは10年以上前ですが、返済の意思を1年前に確認しているので、時効は中断していると考えてよろしいですか。(録音はしていません。)

    理屈の上では時効は中断していると思います。
    ただ、裁判となると、相手が返済の意思を示したことを相談者側で立証していく必要があります。
    なお、その1万円の返済の記録が残っていて、返済から10年経っていなければ中断事由の根拠として使えるかもしれません。

    2、内容証明の中には、1年前に返済の意思を確認していることも書いておいた方がよろしいですか。

    それを書くことによって相手が今後返済の意思を否定する可能性もありますので、証拠がとれてからのほうがよいようにも思われます。

この投稿は、2015年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから