ポイントを使用した買物の領収書金額について

公開日: 相談日:2015年02月06日
  • 2弁護士
  • 2回答

たまったポイントを利用してネットショッピングをしました。
領収書金額が、クレジットカードで支払った金額のみで、商品代金ではありませんでした。

再発行を依頼しましたが、ポイント使用分は支払っていないのだから、
領収書の金額には加算できませんと言う回答でした。

販売者としては、ポイント分も領収しているにも関わらず、
その証明書を出せないと言います。
今迄そのお店を除き、全額をポイントで支払っても領収書を頂いています。

何か規制する法律はありませんでしょうか。
また、どの様に説明すれば、ポイント分も含めた商品代金の領収書を請求できますか?
どうぞ宜しくお願いします。

319609さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    大阪府2位
    タッチして回答を見る

    ポイントについては,(1)会計上の「値引き」扱いとされる,商品購入時に還元されるタイプのポイントと,(2)法律上「前払式支払手段」に該当する,現金で購入するタイプのポイント(電子マネー)の2種類がありますが,本件では(1)と思われます。

    (1)の場合のポイントは,上記のとおり会計上は値引きですので,店舗としては,現金と同様に扱えず,領収書にポイントを除外した差額を記載しても,領収書の記載としては問題がないとされているようです(そのような扱いをしている店舗もあります)。
    もちろん,ポイントを含めた商品代金を領収金額に記載することもできますが,その場合,領収書にはポイント使用相当分を明記しなければなりません(領収額として税務上通用するのはポイントを控除した額となります)。

    税務上はどちらでもあり得る話であり,今回の店舗の対応が法的にみて違法であるとはいえないと思います。

  • 弁護士ランキング
    広島県4位

    大村 真司 弁護士

    注力分野
    借金・債務整理
    タッチして回答を見る

    お話を伺う限り、その業者の対応がむしろ正しいものと思います。ポイントカードでたまったポイントはあくまでも値引きというのが正しいでしょうから、現金を支出していない以上、領収証を発行することはむしろ間違いです。

    他の店の領収証でポイントを加えた額だったというのが、むしろなぜだったのか分かりません。

この投稿は、2015年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから