給料の差押えについて

公開日: 相談日:2013年07月18日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

借金があって給料の差押えが来た場合、税金や社会保険料を除いて・・・という計算方法がありますよね。以前従業員の給料差押が来た経験があるのですが、これは1か月分の場合で・・・例えば、1年給料の未払いがあり、それが一度に入った場合、差押えはどうなるのでしょうか?

190401さんの相談

回答タイムライン

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    給与がたまたま遅配でたまっていたとしても、払われる限りは差し押さえは有効で、「過去の分は対象外」とは言えないでしょう。税金・社会保険料を控除した残金の4分の1というのも変わらないでしょう。ただし、33万円以上は全部差し押さえられるというのは、「月ごと」に計算すべきとはいえるはずで、たとえば1年分で400万円だから、33万円を引いた残金はすべて差し押さえられてはたまらないと反論はできるでしょう。過去1年分である以上、各月ごとに4分の1を計算して、その合計のみ差し押さえられるというべきだと思います。

  • 相談者 190401さん

    タッチして回答を見る

    お答えいただき有難うございます! 宜しければもう一度お答えください。ということは、月額が10万円にもみたない場合、差押えられる部分はなく、全額当人の手元に残るということになるのでしょうか? あと、例えば、他に年金をもらっていた場合、それは33万の中に含まれるのでしょうか?

  • タッチして回答を見る

    10万円未満でも4ぶんの1までは差し押さえられます。また、年金が厚生年金・国民年金のことならば、それは「給与」ではないので、「給与差し押さえ」の対象にはならないでしょう(会社からの「年金」という名の別の俸給ならば、対象になります)。年金受給権自体は差し押さえできませんが、いったん払われて銀行口座などにあるものは、全額差し押さえできます(口座がばれていなければ心配ありませんが)。

この投稿は、2013年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す