個人間の借金です。宜しくお願い致します

公開日: 相談日:2022年02月19日
  • 1弁護士
  • 1回答

【相談の背景】
借用書に、住所、氏名、拇印
を、先に書いてしまい、確認した所、金額も、ちがっていて、利息も記入してありました。貸し主が、書いたものです。

【質問1】
この場合その借用書は、効力は、ありますか?宜しくお願い致します

1116507さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    京都府6位
    タッチして回答を見る

    金額白紙の借用書に署名押印だけ先にして、貸主側が勝手に金額を記載したということですね。
    理論上は、記載した金額の授受がなければ、その金額を返済する必要はないことになります。
    ただし、現時点である借用書だけでは、最初に金額が記載されていたのか、後から勝手に記載されたのか、判別ができず、一応、記載金額の貸付が推定されてしまいます。
    この場合、相談者が、白紙に署名押印させられたこと、記載金額を受け取っていないことを反証していく必要があるでしょう。
    なかなか難しい作業になっていきますので、弁護士に依頼して対応された方がいいでしょう。

この投稿は、2022年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました